GAMMA.DIST

ガンマ分布、2 つのパラメータの連続確率分布を計算します。

使用例

GAMMA.DIST(4.79, 1.234, 7, TRUE)

GAMMA.DIST(A1, B1, C1, FALSE)

構文

GAMMA.DIST(x, α, β, 関数形式)

  • x - ガンマ確率分布関数に代入して関数を評価する値です。

  • α - 分布に対する 1 つ目のパラメータです。

  • β - 分布に対する 2 つ目のパラメータです。

  • 関数形式 - 関数の形式を決定する論理値です。

    • TRUE の場合は、左累積分布関数の値を返します。

    • FALSE の場合は、確率密度関数の値を返します。

メモ

  • xαβ には数値を入力します。

  • αβ には 0 より大きい値を指定します。

  • α1 以下で関数形式FALSE の場合は、x に 0 より大きい値を指定する必要があります。それ以外の場合は、x に 0 以上の値を指定します。

  • GAMMA.DIST 関数は GAMMADIST 関数と同じことです。

  • カイ二乗分布は、ガンマ分布の特別なケースです。整数 n > 0 の場合、GAMMA.DIST(x, n/2, 2, 関数形式) は、CHISQ.DIST(x, n, 関数形式) と等しくなります。

関連項目

CHISQ.DIST: カイ二乗分布の左側確率を計算します。仮説検定でよく使用されます。

GAMMADIST: ガンマ分布、2 つのパラメータの連続確率分布を計算します。

サンプル

x=5α=3.14β=2 のときのガンマ分布に対する確率密度関数を評価します。

  A B C D
1 x α β 結果
2 5 3.14 2 0.1276550316
4 5 3.14 2 =GAMMA.DIST(5, 3.14, 2, FALSE)
5 5 3.14 2 =GAMMA.DIST(A2, B2, C2, FALSE)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。