SWITCH

項目の一覧に対して式を検証し、最初に一致する項目に対応する値を返します。いずれも一致しない場合は、任意指定の既定値を返します。

使用例

SWITCH(A1:A10, 0, “No”, 1, , “Other”)

SWITCH(A3:A8, 4, “Four”, 8, “Eight”)

構文

SWITCH(式, ケース1, 値1, [ケース2, 値2, ...], [既定値])

  • - 任意の有効な値です。

  • ケース1 - に対して比較される 1 つ目のケースです。

  • 値1 - ケース1と一致したときに返される値です。

  • case2, value2, … - 省略可: 1 つ目のケースが式と一致しなかった場合に使用される追加のケースと値です。

  • 既定値 - 省略可: 最後のパラメータとして指定される省略可能な値で、いずれのケースも式と一致しなかった場合に返されます。

関連項目

IFS:

複数の条件を検証し、最初の条件を満たす場合に対応する値を返します。

IF: 論理式が TRUE の場合はある値を返し、FALSE の場合は別の値を返します。

サンプル 1

  A B C
1 データ 結果 数式
2 1 =SWITCH(A2:A7,0,"×",1,"○","その他")
3 1  
4 2 その他  
5 0 ×  
6 3 その他  
7 2 その他  

サンプル 2

  A B C
1 成績 合否 数式
2 A =SWITCH(A2:A6,"F","否","合")
3 B  
4 C  
5 D  
6 F  
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。