CHISQ.DIST

カイ二乗分布の左側確率を計算します。仮説検定でよく使用されます。

使用例

CHISQ.DIST(3.45, 2, TRUE)

CHISQ.DIST(A2, B2, TRUE)

構文

CHISQ.DIST(x, 自由度, 関数形式)

  • x - カイ二乗確率分布関数に代入して関数を評価する値です。

    • 正の数を指定します。

  • 自由度 - 分布の自由度を表す数です。

  • 関数形式 - 関数の形式を決定する論理値です。

    • TRUE の場合は、累積分布関数の値を返します。

    • FALSE の場合は、確率密度関数の値を返します。

メモ

  • 自由度に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 自由度110^10 で指定します。

  • x自由度には数値を入力します。

関連項目

CHIDIST: カイ二乗分布の右側確率を計算します。仮説検定でよく使用されます。

CHIINV: カイ二乗分布の右側確率から逆関数を計算します。

CHISQ.DIST: カイ二乗分布の左側確率を計算します。仮説検定でよく使用されます。

CHISQ.DIST.RT: カイ二乗分布の右側確率を計算します。仮説検定でよく使用されます。

CHITEST: 2 つのデータ範囲をもとにポアソンのカイ二乗検定に関連する確率を返します。検証対象のカテゴリデータが予想される分布から引き出される確率を判定します。

GAMMADIST: ガンマ分布、2 つのパラメータの連続確率分布を計算します。

サンプル

6 面体サイコロの公平性を検証するとします。

  • サイコロを数回転がしたときのカイ二乗統計値は 12.3 となります。

  • 自由度を表す数は 6-1=5 です。

  • x を 12.3、自由度を 5 としてカイ二乗分布を評価します。

  A B C
1 x 自由度 結果
2 12.3 5 0.01223870353
3 12.3 5 =CHISQ.DIST(12.3, 5, FALSE)
4 12.3 5 =CHISQ.DIST(A2, B2, FALSE)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。