検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

コメントの追加、編集、返信、削除

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで他のユーザーと共同作業する際には、コメント機能を使うと便利です。

コメントの追加、編集、表示、削除

コメントを追加する

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかで Microsoft Office ファイルにコメントを追加するには、ファイルを Google ドキュメント ファイルに変換してください。

  1. ファイルを開きます。
  2. コメントを追加するテキスト、画像、セル、スライドを選択します。
  3. コメントを追加するには、書式設定ツールバーのコメント アイコン をクリックします。
  4. コメントを入力します。
  5. [コメント] をクリックします。
すべてのコメントを表示する
  1. ファイルを開きます。
  2. 右上の [コメント] をクリックします。
  3. 閉じるには [コメント] をもう一度クリックします。
コメントを編集、削除する
  1. ファイルを開きます。
  2. 編集または削除するコメントのオプション アイコン その他 をクリックします。
  3. [編集] または [削除] をクリックします。
特定のユーザーにコメントを送信する

特定のユーザーにコメントを見てもらえるようにするには、相手をコメントに追加します。相手にコメントを記載したメール通知が送信されます。

  1. ファイルを開きます。
  2. コメントを挿入して内容を入力します。
  3. コメント内のどこかに相手の名前を追加します(最初の文字は大文字にします)。正しいユーザーが提案されたら、その名前をクリックします。コメントを見てもらいたい相手のメールアドレスを追加することもできます。
  4. [コメント] をクリックします。

: ファイルの閲覧権限がないユーザーを追加すると、ファイルを共有するよう求められます。

コメントの返信と解決

ドキュメントの編集権限かコメント権限があるユーザーは、コメントに返信できます。ディスカッションが終了したら、コメントを解決済みにして終了することができます。

コメント通知を管理する
  1. ファイルを開きます。
  2. ファイルの右上にある [コメント] をクリックします。
  3. [通知] をクリックします。
  4. 通知を受け取るタイミングを選択します。
  • すべて: コメントが作成されるたびに通知されます。
  • 自分のコメントのみ: 自分のコメントや自分が追加されているコメントに対する返信があるたびに通知されます。
  • なし: そのファイルのコメントについてのメール通知は一切送信されません。
コメントに返信する

ドキュメント、プレゼンテーション内のコメントに返信する

  1. ドキュメントまたはプレゼンテーションを開きます。
  2. コメントをクリックします。
  3. [返信] をクリックして返信を入力します。
  4. [返信] をクリックして保存します。

スプレッドシート内のコメントに返信する

  1. スプレッドシートを開きます。
  2. シートタブのコメント アイコン をクリックします。
  3. 返信するコメントをクリックします。
  4. [返信] をクリックして返信を入力します。
  5. [返信] をクリックして保存します。
コメントを終了する、再開する
  1. ファイルを開きます。
  2. 終了するコメントをクリックします。
  3. コメントの右上にある [解決] をクリックします。

終了したコメントを表示するには、ウィンドウの右上にある [コメント] をクリックします。一度終了したコメントを再開するには、コメントの右上にある [再開] をクリックします。

アクション アイテム機能を使用する

職場や学校でのアカウントをお使いの場合は、コメントを使用して他のユーザーにアクション アイテムを割り当てることができます。ファイルの内容に基づいて、アクション アイテムの提案が表示されます。

コメントでアクション アイテムを割り当てる
  1. Google ファイルを開きます。
  2. コメントを追加するテキスト、画像、セル、スライドを選択します。
  3. コメントを追加するには、書式設定ツールバーのコメント アイコン をクリックします。
  4. コメントを入力します。
  5. コメント内に「@」または「+」と、割り当て先の相手のメールアドレスを追加します。
  6. [[名前] に割り当て] の横のチェックボックスをオンにします。
  7. [割り当て] をクリックします。アクション アイテムを割り当てた相手にメールが届きます。
アクション アイテムを再割り当てする
  1. Google ファイルを開きます。
  2. コメントをクリックします。
  3. [返信] をクリックします。
  4. コメントを入力します。
  5. コメント内に「@」または「+」と、再割り当て先の相手のメールアドレスを追加します。
  6. [[名前] に再割り当て] の横のチェックボックスをオンにします。
  7. [再割り当て] をクリックします。アクション アイテムを割り当てた相手にメールが届きます。
アクション アイテムの提案を使用、編集する、オフにする(英語のみ)

対応の対象となる語句を使用すると、アクション アイテムの提案が表示されます。

  1. Google ドキュメントでドキュメントを開きます。
  2. 「アクション アイテム: 花子さんがフォローアップのメールを送信する」、「ToDo: 太郎さんがプレゼンテーションを完成させる」などと入力した場合にアクション アイテムが検出されると、それが提案されます。
    • 提案を受け入れるには、[割り当て] をクリックします。
    • 提案を無視するには、[閉じる] をクリックします。
    • 提案を編集するには、オプション アイコン その他 次へ [編集] をクリックします。
    • 提案の表示機能をオフにするには、[ツール] 次へ [設定] をクリックし、[アクション アイテムを提案する] のチェックボックスをオフにします。

    アクション アイテムの提案を表示するには、テキストに次の項目が含まれている必要があります。

    • 他のユーザーの名前またはメールアドレス。
    • ファイルへのアクセス権を持っている他のユーザーの名前。
アクション アイテムを完了としてマークする
  1. Google ファイルを開きます。
  2. コメントの右上にある完了アイコン 完了 をクリックします。
ドキュメントでフォローアップを表示する
  1. Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのホーム画面か Google ドライブを開きます。
  2. ドキュメントのタイトルの横にある番号をクリックします。ドキュメントにフォローアップがない場合、番号は表示されません。
  3. 未完了の次のアイテムの数が表示されます。
    • アクション アイテム
    • 提案
  4. 最初のアクション アイテムまたは提案に移動するには、リストからどちらかをクリックして選択します。
  5. メニューを閉じるには、番号をクリックします。

このヘルプページを作成したドキュメントとドライブのエキスパートに、ページに関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。