オフライン時に Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで作業する

インターネットに接続していない場合でも、次のファイルを作成、閲覧、編集できます。

  • Google ドキュメント
  • Google スプレッドシート
  • Google スライド

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドをオフラインで使用する

最近開いたドキュメントをパソコンに保存できます。

オフライン アクセスを有効にする前に

  • インターネットに接続する必要があります。
  • Google Chrome ブラウザを使用する必要があります。
  • シークレット ブラウジングは使用しないでください。
  • Google ドキュメントのオフライン Chrome 拡張機能をインストールして有効にします。
  • デバイスにファイルを保存するための十分な空き容量があることを確認します。

オフライン アクセスを有効にする方法

  1. パソコンで、Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのホーム画面を開きます。
    注: 別の Google アカウントでオフライン アクセスを使用する場合は、適切な Chrome プロフィールにログインしていることを確認します。Chrome プロフィールを切り替える方法をご覧ください。 
  2. 左上のメインメニュー アイコン メニュー 次に [設定] をクリックします。
  3. [オフライン] をオンにします。
    注: ドキュメント、スプレッドシート、スライド、ドライブのいずれかでオフライン アクセスを有効にすると、他のサービスもオフラインで利用できるようになります。
  4. Chrome ブラウザで Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかを開いて、オフラインで作業します。

特定のファイルをオフラインで使用可能にする

パソコンに十分な保存容量がある場合は、最近使用した一部のファイルがオフライン用のファイルとして自動的に保存されます。オフラインに保存するファイルを手動で選択するには、次の手順を行います。

  1. 上記の手順で Google ドライブのオフライン アクセスをオンにします。
  2. Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのホーム画面を開きます。
  3. オフラインで使用するファイルのその他アイコン その他 をクリックします。
  4. [オフラインで使用できるようにする] をクリックします。ファイルがオフラインで使用可能になったことを示すチェックマークが、左下に表示されます。

ヒント: Google ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションのいずれかを開いて [ファイル] 次に [オフラインで使用可能にする] をクリックし、ファイルをオフラインで使用することもできます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。