グラフを追加、編集する

職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくには、G Suite の無料試用にお申し込みください

グラフを作成する

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. グラフに含めるセルを選択します。
  3. [挿入] and then [グラフ] をクリックします。
グラフの種類を変更する
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [設定] をクリックします。
  4. [グラフの種類] で下矢印 下矢印 をクリックします。
  5. リストからグラフを選択します。

グラフの種類の詳細については、こちらをご覧ください。

データ範囲を変更する

「データ範囲」とは、グラフに含める一連のセルです。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [設定] をクリックします。
  4. [データ範囲] でグリッド アイコン グリッド をクリックします。
  5. グラフに含めるセルを選択します。
  6. 省略可: グラフにデータを追加する場合は、[別の範囲を追加] をクリックして追加するセルを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

グラフの外観を変更する

背景やフォントなどの設定を変更する

変更できる設定はグラフの種類によって異なります。各グラフの詳細については、こちらをご覧ください。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ] をクリックします。
  4. [グラフの種類] をクリックします。
  5. 必要に応じて変更します。
グリッド線を追加する

データが見やすくなるようにグラフにグリッド線を追加できます。

編集する前に: グリッド線は、折れ線グラフ、面グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ、散布図、滝グラフ、ヒストグラム、レーダー チャート、ローソク足チャートに追加できます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ] をクリックします。
  4. [グリッド線] をクリックします。
  5. 省略可: グラフに縦と横の両方のグリッド線が表示されている場合は、変更するグリッド線を [対象] で選択します。
  6. グリッド線を変更します。

ヒント:

  • 軸ラベルを残したままグリッド線を非表示にするには、グリッド線の色とグラフの背景色を同じにします。
  • グリッド線の数をカスタマイズするには、[主グリッドラインの数] や [準グリッドラインの数] のボックスに数値を入力します。
タイトルを編集する

タイトル、サブタイトル、タイトルのフォントを変更できます。

編集する前に: タイトルとサブタイトルは、折れ線グラフ、面グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ、散布図、円グラフ、滝グラフ、ヒストグラム、レーダー チャート、ローソク足チャート、ツリーマップに追加できます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ] をクリックします。
  4. [グラフと軸のタイトル] をクリックします。
  5. [タイプ] で、変更するタイトルを選択します。
  6. [タイトル テキスト] にタイトルを入力します。
  7. タイトルとフォントを変更します。

ヒント: グラフ上の既存のタイトルを編集するには、タイトルをダブルクリックします。

凡例を編集する

凡例とは、グラフ内のデータの説明です。

編集する前に: 凡例は、折れ線グラフ、面グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ、散布図、円グラフ、滝グラフ、ヒストグラム、レーダー チャートに追加できます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
  3. 右側の [カスタマイズ] and then [凡例] をクリックします。
  4. 凡例をカスタマイズする場合は、位置、フォント、スタイル、色を変更できます。
ヒント: 個々の凡例アイテムをカスタマイズするには、テキストをダブルクリックします。
凡例のヘッダーを追加、編集する
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをダブルクリックします。
    • ヒント: 凡例に表示するテキストが、データセットの 1 行目または 1 列目にあることを確認してください。
  3. 右側の [設定] をクリックします。
  4. 次のいずれかを行います。
    • 見出しが行にある場合は、[行 N を見出しとして使用] をクリックします。
    • 見出しが列にある場合は、[行と列を入れ替える] と [列 N を見出しとして使用] をクリックします。

ヒント: 個々の凡例アイテムをカスタマイズするには、テキストをダブルクリックします。

ポイントや棒を個別に編集する

編集する前に: 横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、散布図、特定の種類の複合グラフのポイントや棒を変更できます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. グラフ上の棒またはポイントを右クリックします。
  3. [データポイントの書式を設定] をクリックします。
  4. 変更を加えます。

グラフ上のアイテムを削除、移動する

アイテムを削除する

タイトル、凡例、データラベル、誤差範囲など、一部のアイテムを削除できます。アイテムを削除するには次の操作を行います。

  • グラフ上の特定のアイテムを削除するには、そのアイテムをダブルクリックして、Delete キーまたは Backspace キーを押します。
  • データラベルまたは誤差範囲を削除するには、いずれかをダブルクリックしてすべてを選択します。もう一度クリックして、1 つのデータラベルまたは誤差範囲を選択します。

ヒント: グラフ上の他のアイテムを削除するには、グラフをダブルクリックしてサイドパネルを開きます。

アイテムを移動する

凡例、タイトル、個々のデータラベルなど、一部のラベルを移動できます。円グラフや、棒グラフの軸や棒などのデータを示す部分にはラベルを移動できません。アイテムを移動するには次の操作を行います。

  • アイテムを目的の位置に移動するには、グラフ上の移動するアイテムをダブルクリックしてから、アイテムをクリックして目的の位置にドラッグします。アイテムはキーボードの矢印を使用して移動することもできます。
  • 1 つのアイテムの位置をリセットするには、アイテムを右クリックし、[レイアウトをリセット] をクリックします。
  • すべてのアイテムの位置をリセットするには、グラフをダブルクリックしてグラフエディタを開き、[カスタマイズ] タブに移動して [グラフの種類] [レイアウトをリセット] をクリックします。

キーボード ショートカット

キーボードを使用してグラフ内をすばやく移動できます。

  • 要素のレイヤを順に切り替えることができます。グラフの各部分を選択するには、Enter キーを押します。
  • グラフ要素を切り替えるには、Tab キーを押します。
  • レベルを 1 つ抜け出すには、Esc キーを押します。
  • 別のレベルに移動するには、Enter キーを押します。
  • 現在いるレベルのオブジェクトを順に切り替えるには、Tab キーを押します。
  • 「Tab」と反対方向に移動するには、Shift+Tab キーを押します。
グラフを移動する
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 移動するグラフをタップします。
  3. グラフを目的の位置までドラッグします。

ヒント: 複数のアイテムを同時に移動するには、 Ctrl キーまたは command キーを押しながら、移動するアイテムをクリックします。

グラフのサイズを変更する
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. 変更するグラフをクリックします。
  3. 青色のマーカーをドラッグしてグラフのサイズを変更します。

ヒント: 複数のアイテムのサイズを同じだけ変更するには、Ctrl キーまたは command キーを押しながら、サイズを変更するアイテムをクリックします。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。