セル範囲に名前を付ける

Google スプレッドシート内の範囲に名前を付けて、範囲を見つけやすくしたり、数式を簡単に作成したりすることができます。

たとえば、「A1:B2」を使ってセル範囲を記述する代わりに、その範囲に「budget_total」という名前を付けると、「=SUM(A1:B2, D4:E6)」のような数式を「=SUM(budget_total, quarter2)」と入力することができます。

範囲に名前を付ける

  1. Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. 名前を付けるセル範囲を選択します。
  3. [データ] 次に [名前付き範囲] の順にクリックします。右側にメニューが表示されます。
  4. 範囲に付ける名前を入力します。
  5. 範囲を変更するには、スプレッドシートのアイコン Grid をクリックします。
  6. スプレッドシート内で範囲を選択するか、テキスト ボックスに新しい範囲を入力し、[OK] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。

範囲名:

  • 文字、数字、アンダースコアのみ使用できます。
  • 範囲名の先頭に数字、または「true」や「false」という単語を置くことはできません。
  • スペース(空白)や句読点を含めることはできません。
  • 長さは 1~250 文字でなければなりません。
  • 「A1」または「R1C1」構文は使用できません。たとえば、範囲に「A1:B2」や「R1C1:R2C2」などの名前を付けると、エラーが発生する可能性があります。

名前付き範囲を編集、削除する

  1. Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. [データ] 次に [名前付き範囲] の順にクリックします。
  3. 編集または削除する名前付き範囲の編集アイコン 編集 をクリックします。
  4. 範囲を編集するには、新しい名前または範囲を入力し、[完了] をクリックします。
  5. 名前付き範囲を削除するには、範囲名の横にある削除アイコン ゴミ箱 をクリックします。
  6. メニューが表示されたら、[削除] をクリックします。

: 名前付き範囲を削除すると、その範囲を参照する数式が機能しなくなります。名前付き範囲を参照する保護範囲は、そのセル値を使用して引き続き機能します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。