ドキュメント エディタのユーザー補助機能

Google ドキュメント エディタは、スクリーン リーダーや点字デバイス、拡大鏡などと連携するように設計されています。

ドキュメント エディタでは Android のユーザー補助機能(TalkBack スクリーン リーダー、画面の拡大など)を使用できます。

TalkBack スクリーン リーダーを使用する

Android 搭載端末で TalkBack がオンになっていない場合は、TalkBack をオンにする手順をご覧ください。TalkBack をオンにしたら、下記のヒントを参考にして操作を行うことができます。

ドキュメント アプリ

ドキュメントを探す

  1. ドキュメント アプリを開きます。
  2. ドキュメント アプリでは、閲覧や編集を行うドキュメントを次の方法で探すことができます。
    • ドキュメントの新規作成メニュー: 空白のドキュメントを作成するか、テンプレートを使用するには、このメニューを選択します。
    • ナビゲーションドロワー: ナビゲーションドロワーは右上にあります。このドロワーを開くと、[最近使用したアイテム] や [共有アイテム] といった項目が表示されます。
    • 検索: ドキュメントを検索します。
    • ドキュメントを開く: Google ドライブや端末のストレージにあるドキュメントを開きます。
    • その他のオプション: [並べ替え]、[新規追加]、[更新] などの項目を選択できます。

ドキュメントを読む

  1. ドキュメント アプリを開きます。
  2. ドキュメントにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのドキュメントを選択します。
  3. ドキュメントの閲覧を開始するには、右にスワイプします。
  4. 省略可: ドキュメント内での移動の単位を変更します。
    • 移動の単位を文字、単語、または段落に切り替えるには、上下にスワイプします。次に、右にスワイプしてドキュメント内での移動を再開します。
    • 行単位で移動するには、[その他のオプション] にアクセスして [印刷レイアウト] を選択します。フォーカスをドキュメント テキストに戻してから、行単位で移動する項目がアナウンスされるまで上下にスワイプします。次に、右にスワイプしてドキュメント内での移動を再開します。
  5. 閲覧を終了するには、画面をタップします。

ドキュメントを編集する

  1. ドキュメント アプリを開きます。
  2. ドキュメントにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのドキュメントを選択します。
  3. [編集] ボタンにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのボタンを有効にします。
  4. ドキュメント アプリでは、以下の編集コントロールを使用できます。
    • ボタンやメニューを探す: 右、左、上、下のいずれかの方向にスワイプします。
    • 単位を調整する、カーソルをコントロールする: ドキュメントのテキストにフォーカスを移動し、上、右の順にスワイプすると、ローカル コンテキスト メニューが表示されます。
    • 画面キーボードを使用する: キーボード上で指をドラッグしてから指を画面から離すと、文字が入力されます。

テキストを選択して操作する

  1. [その他のオプション]、[選択範囲の変更] の順に選択します。
  2. このメニューでは [選択]、[すべて選択]、[コピー]、[切り取り]、[貼り付け]、[コメント]、[選択範囲の書式を読み上げる] などの項目を選択できます。メニューに表示される項目は、選択したメニューによって異なります。

共同編集者に関する通知を無効にする

共同編集者がドキュメントの作業を開始、終了したときにアナウンスされるスクリーン リーダーの通知をオフにすることができます。

  1. [その他のオプション] に移動します。
  2. [共同編集者の編集の開始と終了の通知をミュート] を選択します。

スプレッドシート アプリ

スプレッドシートを探す

  1. スプレッドシート アプリを開きます。
  2. スプレッドシート アプリでは、閲覧や編集を行うスプレッドシートを次の方法で見つけることができます。
    • スプレッドシートの新規作成メニュー: 空白のスプレッドシートを作成するか、テンプレートを使用するには、このメニューを選択します。
    • ナビゲーションドロワー: ナビゲーションドロワーは右上にあります。このドロワーを開くと、[最近使用したアイテム] や [共有アイテム] といった項目が表示されます。
    • 検索: スプレッドシートを検索します。
    • スプレッドシートを開く: Google ドライブや端末のストレージにあるスプレッドシートを開きます。
    • その他のオプション: [並べ替え]、[新規追加]、[更新] などの項目を選択できます。

スプレッドシートを編集する

  1. スプレッドシート アプリを開きます。
  2. スプレッドシートにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのスプレッドシートを選択します。
  3. セルを読み上げるには、フォーカスをそのセルに移動します。続けてそのセルを編集するには、ダブルタップします。

セルや範囲を選択する

  1. スプレッドシート アプリを開きます。
  2. スプレッドシートにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのスプレッドシートを選択します。
  3. [その他のオプション]、[セルまたは範囲を選択] の順に選択します。
  4. ダブルタップして編集フィールドを有効にします。
  5. セル(C3)またはコロンで区切った範囲(R4:R10)を入力します。
  6. [OK] を選択します。

読み上げを変更する

  1. スプレッドシート アプリを開きます。
  2. スプレッドシートにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのスプレッドシートを選択します。
  3. [その他のオプション]、[ユーザー補助の設定] の順に選択します。
  4. 読み上げるプロパティを選択するには、[書式設定のプロパティを読み上げる] をオンにします。
    • 省略可: 文字書式、セルの書式設定、数値形式、フォントのプロパティの読み上げをオンまたはオフにできます。
  5. 共同編集者が行った変更の内容を読み上げるには、[共同編集者の変更内容を読み上げる] をオンにします。

セルの書式設定を変更する

  1. スプレッドシート アプリを開きます。
  2. スプレッドシートにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのスプレッドシートを選択します。
  3. セルにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのセルを選択します。
  4. タッチガイドを使用して、ツールバーで目的の書式設定ボタンを見つけます。

スライド アプリ

プレゼンテーションを探す

  1. スライド アプリを開きます。
  2. スライド アプリでは、閲覧や編集を行うプレゼンテーションを次の方法で見つけることができます。
    • プレゼンテーションの新規作成メニュー: 空白のプレゼンテーションを作成するか、テンプレートを使用するには、このメニューを選択します。
    • ナビゲーションドロワー: ナビゲーションドロワーは右上にあります。このドロワーを開くと、[最近使用したアイテム] や [共有アイテム] といった項目が表示されます。
    • 検索: プレゼンテーションを検索します。
    • プレゼンテーションを開く: Google ドライブや端末のストレージにあるプレゼンテーションを開きます。
    • その他のオプション: [並べ替え]、[新規追加]、[更新] などの項目を選択できます。

プレゼンテーションを読む

  1. スライド アプリを開きます。
  2. プレゼンテーションにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのプレゼンテーションを選択します。
  3. プレゼンテーションの閲覧を開始するには、右にスワイプします。
  4. 次の操作を使用して、プレゼンテーション内を移動できます。
    • フォーカスを移動する: 右または左にスワイプ
    • 前後のスライドに移動する: 2 本の指で左または右にスワイプ
    • 拡大、縮小する: 2本の指でピンチ操作
    • キャンバスを移動する: 画面上を 2 本の指でドラッグ

図形を選択、編集、選択解除する

  1. スライド アプリを開きます。
  2. プレゼンテーションにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのプレゼンテーションを選択します。
  3. 図形やグループにフォーカスを移動してからダブルタップして、図形またはグループを選択します。
  4. 選択した図形を編集するには、再びダブルタップします。
  5. 図形の選択をすべて解除するには、フォーカスをキャンバスに移動してからダブルタップします。

図形を移動する

  1. スライド アプリを開きます。
  2. プレゼンテーションにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのプレゼンテーションを選択します。
  3. 図形にフォーカスを移動します。
  4. 「ドラッグして図形を移動します」とアナウンスされるまで、ダブルタップして指を置いたままにします。
  5. 指をドラッグして図形を移動します。

図形を回転する

  1. スライド アプリを開きます。
  2. プレゼンテーションにフォーカスを移動してからダブルタップして、そのプレゼンテーションを選択します。
  3. 図形にフォーカスを移動してからダブルタップして、その図形を選択します。
  4. フォーカスが回転ハンドルに移動するまで右にスワイプします。
  5. 「ドラッグして図形を回転します」とアナウンスされるまで、ダブルタップして指を置いたままにします。
  6. 指をドラッグして図形を回転します。

共同編集者に関する通知を無効にする

共同編集者がプレゼンテーションの作業を開始、終了したときにアナウンスされるスクリーン リーダーの通知をオフにすることができます。

  1. [その他のオプション] に移動します。
  2. [共同編集者の編集の開始と終了の通知をミュート] を選択します。

キーボード ショートカットを使用する

端末で外付けキーボードを使用している場合は、そのキーボードのショートカットを使用してドキュメント、スプレッドシート、スライドのアプリの操作を行うことができます。Android のショートカットの一覧については、ドキュメントのショートカットスプレッドシートのショートカットスライドのショートカットについての記事をご覧ください。

点字ディスプレイを使用する

ドキュメントとスライドのアプリでは、点字ディスプレイを使用してテキストの読み上げと入力ができます。詳しくは、点字サポートについての記事をご覧ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。