検索と置換

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドでは、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション内の語句を検索して別の語句に置き換えることができます。また、キーボード ショートカットの Ctrl+F(Mac では ⌘+F)を使用してファイル内を検索することもできます。

ドキュメントやプレゼンテーションで検索と置換を使用する

  1. パソコンで Google ドキュメントまたは Google スライドのドキュメントまたはプレゼンテーションを開きます。
  2. [編集] 次へ [検索と置換] の順にクリックします。
  3. [検索] の横に検索する語句を入力します。語句を置き換える場合は、[次に変更] の横に新しい語句を入力します。
  4. その語句が使用されている次の箇所に移動するには [次へ] をクリックします。前の箇所に移動するには [前へ] をクリックします。
  5. (省略可)下のオプションを使用して検索を絞り込みます。
    • 大文字と小文字の区別: 大文字、小文字が一致する語句のみに絞り込みます。
    • 正規表現を使用する: Google ドキュメントで、正規表現を使用して一致する語句を絞り込みます。
  6. ハイライト表示された語句を置き換えるには [置換] を、すべての箇所の語句を置き換えるには [すべて置換] をクリックします。

スプレッドシートで検索と置換を使用する

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. [編集] 次へ [検索と置換] の順にクリックします。
  3. [検索] の横に検索する語句を入力します。語句を置き換える場合は、[置換後の文字列] の横に新しい語句を入力します。
  4. [検索] をクリックして語句を検索します。語句が使用されている次の箇所に移動するには、もう一度 [検索] をクリックします。
  5. (省略可)下のオプションを使用して検索を絞り込みます。
    • 大文字と小文字の区別: 大文字と小文字を区別して検索します。
    • 完全に一致するセルを検索: 完全に一致するセルを検索します。
    • 正規表現を使用した検索: 任意のパターンに一致するセルを検索します。
    • 数式内も検索: 検索対象に数式も含めます。
  6. ハイライト表示された語句を置き換えるには [置換] を、すべての箇所の語句を置き換えるには [すべて置換] をクリックします。

正規表現を使用した検索と置換

Google ドキュメントGoogle スプレッドシートでは、正規表現を使用して、特定の文字、数字、語句、パターンといった文字列の検索や置換を行うことができます。

正規表現を使用して語句を検索する

  1. パソコンで Google ドキュメントまたは Google スプレッドシートのドキュメントまたはスプレッドシートを開きます。
  2. [編集] 次へ [検索と置換] の順にクリックします。
  3. [検索] の横に正規表現を入力して [正規表現を使用した検索] または [正規表現を使用する] をオンにします。
  4. [検索] をクリックします。

検索と置換ツールによる検索結果は、オンにしたオプションによって変わることがあります。下記の例では、[大文字と小文字の区別] をオンにし、[完全に一致するセルを検索](スプレッドシートの場合)をオフにした結果を示しています。

例を見る

ドルの金額を検索する

注: この例は Google スプレッドシートのみが対象です。

  • [検索] の横に「^\$([0-9,]+)?[.][0-9]+」と入力します。
  • この文字列は 0~9 またはカンマを 0 個以上含む数、ピリオド(.)、0~9 の数を 1 個以上含む数が順に並ぶドルの金額を表しており、$4.666、$17.86、$7.76、$.54、$900,001.00、$523,877,231.56 のような数値が返されます。

米国の郵便番号を検索する

  • [検索] の横に「[0-9]{5}(-[0-9]{4})?」と入力します。
  • 5 桁の数字のみ、または 5 桁の数字、ハイフン、4 桁の数字が順に並ぶの米国の郵便番号が返されます。

小文字で始まる名前を検索する

注: この例は Google スプレッドシートのみが対象です。

  • [検索] の横に「^[a-z].*」と入力します。
  • この文字列は小文字とそれに続く 0 個以上の文字を含むセルを表しており、bob、jim、gEORGE、marTin のような文字列が返されます。

正規表現を使用して置換を行う

正規表現の一部をキャプチャ グループと置き換えることができます。[置換後の文字列] で「$<group number>」のフォーマットを使用してキャプチャ グループを参照します。注: キャプチャ グループは Google スプレッドシートでのみ使用できます。

例を見る

正規表現 (\d*)/\d*/(\d{4}) は 3/8/2015 のような日付と一致します。この正規表現はキャプチャ グループを 2 つ含んでいます。

  1. (\d*) - 月に一致します
  2. (\d{4}) - 年に一致します

上記の正規表現に一致する各日付をその月の最初の日付に置き換えるには、「$1/1/$2」の文字列を使用します。つまり、日付 3/8/2015 は 3/1/2015 に置き換えられます。

正規表現

Google のサービスでは RE2 の正規表現を使用しています。GitHub では、すべての RE2 の正規表現を確認できます。

正規表現で特定の意味を持つ文字($ など)を検索する場合は、その直前にバックスラッシュ(\)を挿入します。たとえば、「$」の文字を検索するには「\$」と入力します。

一般的な正規表現

正規表現

説明

一致する

一致しない

.

ピリオドは、その位置にある任意の文字を表します。

d.

do、dog、dg、ads

fog、jog

*

文字の後のアスタリスクは、直前の文字を 0 回以上繰り返す文字列の検索を表します。

do*g

dog、dg、dooog

dOg、doug

+

文字の後のプラス記号は、直前の文字を 1 回以上繰り返す文字列の検索を表します。

do+g

dog, dooog

dg、dOg、doug

?

直前の文字を含まない文字列も返されます。

do?g

dg、dog

dOg、doug

^

キャレットは正規表現の先頭に挿入して使用し、文字列がキャレットの直後の文字またはシーケンスで始まることを表します。

注: この正規表現は Google スプレッドシートでのみ使用できます。

^[dh]og

dog, hog

A dog、his hog

$

ドル記号は、正規表現の末尾に配置して使用し、文字列が直前の文字またはシーケンスで終わることを表します。

注: この正規表現は Google スプレッドシートでのみ使用できます。

[dh]og$

dog、hog、hot dog

dogs、hogs、doggy

{A, B}

直前の語句を A~B 回繰り返します(A、B は数値)。

d(o{1,2})g

dog、doog

dg, dooog, dOg

[x]、[xa]、[xa5]

文字セットの中の 1 つの文字のみがその位置で使用されることを示します。通常、角括弧の中には、上記の正規表現で使用している文字など、どのような文字でも使用できます(例: [xa,$5Gg.])。

d[ou]g

dog、dug

dg、dOg、dooog

[a-z]

指定の範囲内の文字をその位置で使用した語句を検索します。一般的な範囲として、a~z、A~Z、0~9 などがあり、複数の範囲を組み合わせて 1 つの範囲とすることもできます(例: [a-zA-Z0-9])。また、上記の文字セットと組み合わせることもできます(例: [a-zA-Z,&*])。

d[o-u]g

dog、dug、dpg、drg

dg, dOg, dag

[^a-fDEF]

^ で始まる文字セットは、指定の文字セットにない文字の検索を意味します。

d[^aeu]g

dog、dOg、dig、d$g

dg、dag、deg、dug

\s

空白文字を表します。

d\sg

d g、d[TAB]g

dg、dog

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。