Office ファイルでの作業

Microsoft® Office ファイルを編集、ダウンロードしたり、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかに変換したりすることができます。

Office ファイルを編集するには、次のいずれかを行います。

  • Office 互換モード(OCM)を使用してファイルを編集する
  • ファイルを Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかに変換する

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルを編集した後、Office ファイルとして保存、書き出しして他のユーザーと共有できます。

Office ファイルの編集

Office 互換モード(OCM)を使用してファイルを編集する

Office ファイルを開いて編集するには、Office 互換モード(OCM)を使用します。OCM を使用すると、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのホーム画面やアプリ、Gmail で Office ファイルを開いて編集することができます。

パソコン

パソコンでは Chrome ブラウザでのみ OCM を使用できます。

  1. Chrome ブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. 「ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集」の Chrome 拡張機能をインストールします。
  3. 目的の Office ファイルを開いて編集します。

Office ファイルが編集可能であるかを確認する方法

  1. Office ファイルを開きます。
  2. [ファイル] メニューをクリックします。
  3. メニューに [Office 互換モード] と表示されている場合は、ファイルの編集や、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかへの保存を行えます。

: Chromebook で Office ファイルを編集する方法については、Chromebook ヘルプセンターをご覧ください。

Android と iOS

携帯端末の場合は、ドキュメント、スプレッドシート、スライド アプリに OCM が最初から含まれているため、いずれかのアプリで Office ファイルを開くと編集できます。

Office ファイルをダウンロードする

OCM を使用して Office ファイルをダウンロードするには:

  1. Chrome ブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. Office ファイルを開きます。
  3. 右上の [ダウンロード] をクリックします。

Office ファイルのドキュメント、スプレッドシート、スライドへの変換

Office ファイルを Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかに変換すると、他のユーザーとリアルタイムで共同編集することができます。

パソコン
  1. ドライブ、またはドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかのホーム画面にログインします。
  2. ファイルを右クリックします。
  3. [アプリで開く] > [ドキュメント](または [スプレッドシート]、[スライド])をクリックします。

OCM で Office ファイルを編集している場合は、[ファイル] > [Google ドキュメントとして保存](または [Google スプレッドシートとして保存]、[Google スライドとして保存])をクリックして変換できます。

Android と iOS
  1. ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかのアプリを開きます。
  2. Office ファイルを開きます。
  3. 右上のその他アイコン をタップします。
  4. [Office互換モード] の横の疑問符アイコンをタップします。
  5. [Googleドキュメントとして保存](または [Googleスプレッドシートとして保存]、[Googleスライドとして保存])をタップします。
  6. ファイルが Google ドキュメント(またはスプレッドシート、スライド)に変換されます。

サポートされていない機能

ドキュメント、スプレッドシート、スライドに変換する際、次の機能はサポートされません。

  • パスワードで保護されたファイル
  • マクロ
  • Word と PowerPoint のファイル内の埋め込みグラフ
  • Excel ファイル内のリンクされたスプレッドシート

Office 形式でのファイルの保存と書き出し

Office ファイルを Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかに変換するか、OCM を使用してファイルを編集した後、ファイルを Office 形式で保存、書き出ししなおして他のユーザーと共有することができます。

パソコン

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを Office ファイルとして保存しなおすには:

  1. ファイルを開きます。
  2. [ファイル] メニューをクリックします。
  3. [形式を指定してダウンロード] を選択します。
  4. ファイル形式を選択します。
Android と iOS

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを Office ファイルとして保存しなおすには:

  1. ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかのアプリを開きます。
  2. ファイルの横のその他アイコン をタップします。
  3. [共有とエクスポート] を選択します。
  4. [Word形式で保存](または [Excel形式で保存]、[PowerPoint形式で保存])を選択します。

Office ファイルを他のユーザーに送信する場合は、[共有とエクスポート] > [コピーを送信] > [Word](または [Excel]、[PowerPoint])> [OK] をタップします。

対応ファイル形式

下の各セクションを開いてご覧ください。

OCM で開くことができるファイル形式

Office 互換モード(OCM)で開くことができるファイル形式は次のとおりです。

  • ドキュメント: .doc(Microsoft® Office 95 より後)、.docx
  • スプレッドシート: .xls(Microsoft® Office 95 より後)、.xlsx、.xlt、.xlsm、.xltm、.xlam
  • プレゼンテーション: .ppt(Microsoft® Office 95 より後)、.pptx
ドキュメント、スプレッドシート、スライドに変換できるファイル形式

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドに変換できるファイル形式は次のとおりです。

  • ドキュメント: .doc(Microsoft® Office 95 より後)、.docx、.docm、.dot、.dotx、.dotm、.html、プレーン テキスト(.txt)、.rtf、.odt
  • スプレッドシート: .xls(Microsoft® Office 95 より後)、.xlsx、.xlsm、.xlt、.xltx、.xltm、.ods、.csv、.tsv、.txt、.tab
  • プレゼンテーション: .ppt(Microsoft® Office 95 より後)、.pptx、.pptm、.pps、.ppsx、.ppsm、.pot、.potx、.potm、.odp
  • 図形描画: .wmf、.emf
  • OCR: .jpg、.gif、.png、.pdf
Office 形式でダウンロード、保存できるファイル形式

Office 形式で保存しなおすことができる Office ファイル形式は次のとおりです。

  • ドキュメント: .docx
  • スプレッドシート: .xlsx
  • プレゼンテーション: .pptx

このヘルプページを作成した検索のエキスパートに、ページに関するご意見をお送りください。

この記事は役に立ちましたか?