Office ファイルの使用

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかで Microsoft® Office ファイルを編集、ダウンロード、変換できます。

Office ファイルを編集するには、次のいずれかを行います。

  • Office 互換モード(OCM)を使ってファイルを編集する
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかでファイルを直接編集する

Office ファイルを編集する

ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかで Office ファイルを直接編集する

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかで Office ファイルを直接編集すると、他のユーザーとリアルタイムで共同編集することができます。

Office ファイルを直接編集する

Google ドライブで Office ファイルをダブルクリックして、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかでファイルを開きます。

ヒント:

  • パスワードで保護されたファイルはビューアで開きます。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドは、パスワードで保護されているファイルをサポートしていません。

サポートされていない機能

ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかで編集する際、次の機能はサポートされません。

  • パスワードで保護されたファイルは Google ドライブでプレビューできますが、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドには変換できません。パスワードで保護された Office ファイルをドライブで開くと、ファイルはプレビュー モードで開きます。
  • マクロ(マクロは Apps Script で実装できます)。
  • Word と PowerPoint ファイル内に埋め込まれたグラフや動画は、画像に変換されます。
  • Excel ファイル内のリンクされたスプレッドシート。
  • 保護されているワークブックやワークシートを Excel から Google スプレッドシートに移行すると、非表示のセルは表示され、ロックされたセルは編集できるようになります。
  • SmartArt の画像は Google 図形描画に変換されます。

Office 互換モード(OCM)を使用してファイルを編集する

Office ファイルを開いて編集するには、Office 互換モード(OCM)を使用します。OCM を使用すると、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのホーム画面やアプリ、Gmail で Office ファイルを開いて編集できます。

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで OCM を使用する

パソコンでは Chrome ブラウザでのみ OCM を使用できます。

  1. Chrome ブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. Chrome 拡張機能「ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集」をインストールします。
  3. 目的の Office ファイルを開いて編集します。

Office ファイルが編集可能であるかを確認するには:

  1. Office ファイルを開きます。
  2. [ファイル] メニューをクリックします。
  3. メニューに [Office 互換モード] と表示されている場合は、ファイルの編集や、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのいずれかへの保存を行えます。

ヒント: Chromebook で Office ファイルを編集する方法については、Chromebook ヘルプセンターで手順をご覧ください

Office ファイルをダウンロードする

OCM を使用して Office ファイルをダウンロードするには:

  1. Chrome ブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. Office ファイルを開きます。
  3. 右上の [ダウンロード] をクリックします。

対応ファイル形式

以下の各セクションを開いて詳細をご覧ください。

OCM で開くことができるファイル形式

Office 互換モード(OCM)で開くことができるファイル形式は次のとおりです。

  • ドキュメント: .doc(Microsoft® Office 95 より後)、.docx
  • スプレッドシート: .xls(Microsoft® Office 95 より後)、.xlsx、.xlt、.xlsm、xltm、xlam
  • プレゼンテーション: .ppt(Microsoft® Office 95 より後)、.pptx
ドキュメント、スプレッドシート、スライドへの変換が可能なファイル形式

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドに変換できるファイル形式は次のとおりです。

  • ドキュメント: .doc(Microsoft® Office 95 より後)、.docx、.docm、.dot、.dotx、.dotm、.html、プレーン テキスト(.txt)、.rtf、.odt
  • スプレッドシート: .xls(Microsoft® Office 95 より後)、.xlsx、.xlsm、.xlt、.xltx、.xltm、.ods、.csv、.tsv、.txt、.tab
  • プレゼンテーション: .ppt(Microsoft® Office 95 より後)、.pptx、.pptm、.pps、.ppsx、.ppsm、.pot、.potx、.potm、.odp
  • 図形描画: .wmf、.emf
  • OCR: .jpg、.gif、.png、.pdf
Office 形式でダウンロードまたは保存できるファイル形式

Office 形式で保存しなおすことができる Office のファイル形式は次のとおりです。

  • ドキュメント: .docx
  • スプレッドシート: .xlsx
  • プレゼンテーション: .pptx
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false