Google スプレッドシートの使い方

iPhone / iPad 版 Google スプレッドシート アプリでは、Google スプレッドシートだけでなく、Microsoft Excel® ファイルも作成、閲覧、編集できます。Google スプレッドシート アプリの基本的な使い方は以下のとおりです。

ステップ 1: Google スプレッドシート アプリをダウンロードする

  1. App Store で Google スプレッドシートのページにアクセスします。
  2. [入手] 次に [インストール] をタップします。端末のホーム画面に Google スプレッドシート アプリが表示されます。

ステップ 2: スプレッドシートを作成、編集する

さまざまな形式のファイルで作業する

Google スプレッドシート アプリではファイルのアップロードやダウンロードができます。

  • 読み込み: XLS ファイルと XLSX ファイルを開いて編集できます。
  • 書き出し: PDF または XLSX ファイルとして書き出せます。
3D Touch を搭載した iPhone でクイック アクションを使用する

クイック アクションを使って最近使用したスプレッドシートを開いたり、テンプレートを使用したり、新規のスプレッドシートを作成したりできます。メニューに最近使用したスプレッドシートを表示するには、パスコード ロックをオフにします。

: この機能は、3D Touch を搭載した iPhone(iPhone 6s 以降)をお使いの場合にのみご利用いただけます。

  1. Google スプレッドシート アプリのアイコンをタップして、クイック アクション メニューを開きます。
  2. リストに次のオプションが表示されるので、いずれかをタップします。
    • 最近開いたか編集したスプレッドシート 2 つ
    • テンプレート: テンプレート メニューを開く場合
    • 作成: 新規のスプレッドシートを作成する場合
  3. Google スプレッドシート アプリにスプレッドシートまたはテンプレートが開きます。

ステップ 3: 他のユーザーと共有して共同作業する

他のユーザーとファイルやフォルダを共有して、相手に閲覧、編集、コメントのアクセスレベルを割り当てることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。