スプレッドシートの地域と計算の設定を変更する

Google スプレッドシートでは、スプレッドシートの言語と地域、タイムゾーン、計算の設定、関数の言語を変更できます。

変更を行うと、使用中のスプレッドシート全体に変更が適用されます。また、共同編集者の地域に関わりなく、作業中の全員のスプレッドシートにも変更が反映されます。

言語と地域、タイムゾーンを変更する

スプレッドシートの言語と地域、タイムゾーンを変更すると、スプレッドシートのデフォルトの通貨、日付、番号の書式も変更されます。

  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. [ファイル] 次へ [スプレッドシートの設定] の順にクリックします。
  3. [全般] で [言語と地域] と [タイムゾーン] のメニューをクリックして設定を変更します。
  4. [設定を保存] をクリックします。

言語と地域を変更しても、Google スプレッドシートの言語設定は変更されません。言語設定は Google アカウント設定で行えます。

関数の言語を変更する

Google スプレッドシートでは、関数の言語を英語以外の 21 言語に変更することができます。

  1. Google アカウントの設定で英語以外の言語に設定していることを確認します。
  2. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  3. [ファイル] 次へ [スプレッドシートの設定] の順にクリックします。
  4. [表示言語] で [常に英語の関数名を使用する] のチェックボックスをオフします。これで関数が指定の表示言語で表示されるようになります。
  5. [設定を保存] をクリックします。

言語オプション

Google スプレッドシートでは、次の言語の関数に対応しています。

  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • エストニア語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ハンガリー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • マレーシア語
  • ノルウェー語(ブークモール)
  • ポーランド語
  • ポルトガル語(ポルトガル)
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • ロシア語
  • スロベニア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • トルコ語
  • ウクライナ語
数式の計算頻度を選択する
  1. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。
  2. [ファイル] 次へ [スプレッドシートの設定] 次へ [計算] の順にクリックします。
  3. 次の設定を選択します。
    • 再計算: 特定の数式の更新頻度を設定します。
    • 反復計算: 循環参照を含む数式の実行回数を設定します。
  4. [設定を保存] をクリックします。

スプレッドシート外部からデータを読み込む関数の再計算頻度は次のとおりです。

  • ImportRange: 30 分ごと
  • ImportHtml、ImportFeed、ImportData、ImportXml: 1 時間ごと
  • GoogleFinance: 最大 20 分ほど遅延する場合がある
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。