ファイルの作成、検索、ダウンロード

次のファイルを作成、検索、ダウンロードできます。

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド
  • フォーム

作成したファイルは編集できるほか、他のユーザーとの共有や共同編集が可能です。

ファイルを作成する

  1. iPhone か iPad で、Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのアプリを開きます。
  2. 右下の作成アイコン 質問を追加 をタップします。
  3. テンプレートを使用するか、新しいドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成するかを選択します。
  4. テンプレートを使用する場合は、指定したテンプレートが開きます。新しいファイルを作成する場合は、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションの名前を入力して [作成] をタップする必要があります。

ファイルを表示する

どのデバイスでも、作成したファイルや開いたことがあるファイル、Microsoft® Word、Excel、PowerPoint などの他の形式のファイルを表示できます。

オフライン アクセスを有効にすると、テキストの入力と同時に変更内容がデバイスに保存され、次回接続したときにドライブに保存されます。

ヒント: 表示中のファイルで他のユーザーが作業している場合は、そのユーザーが加えている変更内容を見ることができます。

ファイルを閲覧する

ファイルを開いて閲覧するには、Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのアプリを開いてファイル名をタップします。

カテゴリ別に分類されたファイルを表示する

  1. iPhone か iPad で、Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのアプリを開きます。
  2. 左上のメニュー アイコン メニュー をタップします。
  3. 表示するファイルのカテゴリを以下から選択します。
    • 最近開いたアイテム: 最近作業を行ったファイル。
    • スター付き: 重要としてマークを付けたファイル。
    • 共有アイテム: 他のユーザーが自分と共有しているファイル。
    • デバイス内: スマートフォンまたはタブレットに保存したファイル。

ファイル名を変更する

  1. iPhone か iPad で、Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのアプリを開きます。
  2. 名前を変更するファイルの、その他アイコン その他 をタップします。
  3. 名前変更アイコン 名前を変更 をタップします。
  4. 新しい名前を入力します。
  5. [名前を変更] をタップします。

ファイルを保存する

オンライン中は、入力と同時に変更内容が自動的に保存されます。保存ボタンを使用する必要はありません。

インターネットに接続していない場合は、オフライン アクセスを設定すれば変更内容を保存できます。

注: Google スプレッドシートでは、入力中のセルの外をタップすると入力内容が保存されます。

ファイルのコピーを作成する

  1. iPhone か iPad で、Google ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかのアプリを開きます。
  2. コピーを作成するファイルの、その他アイコン その他 をタップします。
  3. コピー作成アイコン コピーを作成 をタップします。コピーしたファイルがアプリで開きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。