数式と関数を追加する

Google スプレッドシートでは、関数を使用して数式を作成することで、さまざまな種類の計算ができます。使用可能な関数については、Google スプレッドシートの関数リストをご覧ください。

 

数式を使用する

  1. スプレッドシートを開きます。
  2. セルに等号記号(=)を入力し、使用する関数を入力します。注: データに基づいて数式や範囲の候補が表示される場合があります。
  3. 編集作業中は関数のヘルプボックスが表示され、関数や構文の定義、参照例を確認できます。詳細な情報が必要な場合は、ヘルプボックスの下部にある [詳細] をクリックすると、ヘルプ記事の全文が表示されます。

数式を作成するためのその他の機能

簡単に範囲を選択、編集する方法

範囲選択モード

  • 範囲が必要な数式では、数式の編集中にカーソルの横に範囲選択を促すシグナル(グレーの括弧)が表示されます。このシグナルが表示されたときは、キーボードの矢印キーでシート上を移動して範囲を選択できます。
  • 範囲選択モードのオン、オフを切り替えるには、キーボード ショートカットの F2 キーまたは Ctrl+E キーを使用します。範囲選択モードがオフになっている状態で矢印キーを押すと、範囲が選択される代わりに入力ボックス内でカーソルが移動します。
  • 数式の編集中にシート内をクリックしても、範囲を選択できます。

範囲の置換

  • 数式の範囲のテキストがハイライト表示されているときに F2 キーまたは Ctrl+E キーを使って範囲選択モードをオンにすると、簡単に範囲を調整できます。
  • 範囲のテキストの編集中に Shift+F2 キーまたは Shift+Ctrl+E キーを押すと、数式内に存在しているその範囲と同じ範囲をすべて簡単に調整できます。

: 隣接していないセルを数式の範囲に指定することもできます。複数のセルを選択するには、キーボードの Ctrl キー(Mac の場合は command キー)を押したまま数式に含めるセルを選択します。

ネストされた関数

A function used in the same cell with another function is called a nested function. When functions are combined, Google Sheets will calculate the innermost function first. The nested function is contained in parentheses and is used as one of the components of the surrounding function.

For example, let's say you want to calculate the absolute value of a sum of several numbers in the cell range A1:A7. To calculate the sum of these numbers, you would enter '=SUM(A1:A7)' into a cell.

To calculate the absolute value of this sum, you need to nest the sum formula within absolute value formula. To calculate both formulas in a single cell, enter '=ABS(SUM(A1:A7))' into the cell. Note that the =SUM() function is performed first and is used as a component in the =ABS() function.

数式のハイライト表示

数式で他のセルを参照すると、数式を作成しやすいように、参照先のセルが対比色でハイライト表示されます。完成した数式を含むセルをクリックした場合も、参照先のセルがハイライト表示されます。

数式バーのサイズを変更する

数式バーのサイズを変更するには、数式バーの下部をクリックして上下にドラッグします。

: キーボード ショートカットを使用してサイズを変更することもできます。数式バーをクリックして次のいずれかを押します。

  • Windows: Ctrl+↑ キーまたは Ctrl+↓ キー 
  • Mac: control+option+↑ キーまたは control+option+↓ キー
機能しない関数
他のスプレッドシート プログラムで使われる一部の関数は、Google スプレッドシートでは機能しません。
種類 説明
CALL

ダイナミック リンク ライブラリまたはコードのリソースを呼び出します。このリソースは一部のデバイスで使用できない可能性があるため、スプレッドシートではこの関数を使用しません。

ヒント: 代わりにマクロApps Script を使用できます。

CUBE 関数(CUBEKPIMEMBER、CUBEMEMBER、CUBEMEMBERPROPERTY)

Excel の CUBE データモデルを使用します。

ヒント: 同様の CUBE を使用したい場合は、データコネクタ機能を使用できます。

INFO

ファイルパスなど、スプレッドシートのドキュメント ファイルに関する情報を返します。

注: スプレッドシートはオンライン コラボレーションを重視しているため、このメソッドが返す情報は、一部のユーザーに公開されない場合があります。

REGISTER.ID

Windows からレジストリ ID を取得します。

注: スプレッドシートはいずれのオペレーティング システムにもリンクされていないため、この関数には対応していません。

RTD

コンポーネント オブジェクト モデル(COM)オートメーション サーバーからデータを取得します。

ヒント: COM サーバーにアクセスできないユーザーは、マクロApps Script を使用できます。

WEBSERVICE

完全に動作するには Windows が必要です。

注: スプレッドシートはいずれのオペレーティング システムにもリンクされていないため、この関数には対応していません。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。