スプレッドシートの編集と表示形式の設定

スプレッドシートにデータを追加したら、そのデータやセルを編集したり表示形式を設定したりできます。

セル内のデータを編集する

  1. Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. 空のセルをクリックします。データが入力済みのセルの場合はダブルクリックします。
  3. データを入力します。
  4. 省略可: セル内に改行を追加するには、⌘+enter(Mac)または Ctrl+Enter(Windows)を押します。
  5. 編集が完了したら Enter キーを押します。

セルの表示形式を設定する

  1. Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. セルを 1 つクリックし、ドラッグして周辺のセルを選択します。 キー(Mac)または Ctrl キー(Windows)を押しながら他のセルをクリックして選択することもできます。
  3. セル内のテキストや数字に表示形式を設定するには、上部のツールバーにあるオプションを使用します。

データの表示形式を設定する

スプレッドシートの上部には、セルやテキストに表示形式を設定するための次のようなオプションがあります。

  • 元に戻す 元に戻す
  • やり直す やり直す
  • 太字 太字
  • 斜体 斜体
  • 取り消し線 取り消し線
  • フォントまたはフォントサイズの変更
  • テキストの色 テキストの色の変更
  • 塗りつぶしの色 塗りつぶしの色の変更
    • 単一色
    • 交互の背景色
  • 枠線 セルの枠線の変更
    • 枠線の色 枠線の色の変更
    • 枠線の太さ 枠線のスタイルの変更
  • セルを結合 セルを結合
  • 水平方向のテキストの配置変更
  • 垂直方向のテキストの配置変更
  • セル内のテキストの回転
  • 折り返す セル内のテキストの折り返し

セル内の内容の一部に対してのみ表示形式を設定するには、セルをダブルクリックして該当する部分を選択してから、オプションを選択します。

オブジェクトの配置とサイズ変更

オブジェクトを目的の場所に移動したり、サイズを変更したりできます。オブジェクトが整列していること、オブジェクト間の間隔が等しいこと、オブジェクトが別のオブジェクトと同サイズであることを示す線が表示されます。

テーマの追加

テーマを使用してスプレッドシート全体の表示形式に変更を適用できます。

  1. Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. 上部の [表示形式次に [テーマ] をクリックします。
  3. 利用可能なテーマを選択するか、[カスタマイズ] をクリックして独自のテーマを作成します。

注:

  • カスタムのテーマを作成する場合、最新バージョンのテーマが保存されます。
  • 最新のテーマで使用している色は、テキストや塗りつぶしのカラー選択ツールに表示されます。

テーマの影響を受けるスプレッドシートの項目

  • グリッド テキスト、グラフ、ピボット テーブルのテキストのフォントと色
  • グリッド テキストのハイパーリンクの色
  • グラフの背景色
  • グラフの系列の色
  • ピボット テーブルの背景

注: スプレッドシート内の項目の表示形式を変更すると、テーマが上書きされます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。