データセットとスプレッドシートを読み込む

Google スプレッドシートでは .xls、.csv、.txt など多様なファイル形式を読み込むことができます。

  1. パソコンを使用して、Google スプレッドシートでスプレッドシートを開きます。
  2. シートを開くか新規に作成します。
  3. 上部で [ファイル] 次に [インポート] をクリックします。
  4. 次のいずれかのファイル形式の、パスワードで保護されていないファイルを選択します。
    • .xls(Microsoft® Office 95 より後)
    • .xlsx
    • .xlsm
    • .xlt
    • .xltx
    • .xltm
    • .ods
    • .csv
    • .txt
    • .tsv
    • .tab
  5. 読み込みオプションを選択します。ファイル形式によっては、6 つのオプションの一部を選択できない場合があります。
    • 新しいスプレッドシートを作成する: 新しいブラウザタブに、読み込んだデータからスプレッドシートを作成します。
    • 新しいシートを挿入する: 既存のスプレッドシートに、読み込んだデータを含む新しいシートを追加します。
    • スプレッドシートを置換する: 開いているスプレッドシートを、読み込んだファイルのデータで置き換えます。
    • 現在のシートを置換する: 現在のシートの内容を読み込んだデータで置き換えます。
    • 現在のシートに行を追加する: 現在のシートのデータが含まれる最終行の下に、読み込んだデータを追加します。
    • 選択したセルを先頭にデータを置換する: 選択したセル範囲内のデータを、読み込んだデータで置き換えます。
  6. 省略可: .csv や .txt のような書式なしテキスト ファイルを読み込む場合は、Google スプレッドシートで使用するセルの区切り文字や記号を [区切り文字] で選択できます。
    • 自動的に検出: データセットを区切る方法を自動的に検出します。たとえば、固定幅形式のファイルを検出できます。
    • タブ
    • カンマ
    • カスタム: データの区切り文字にカスタム文字を選択します。
  7. [インポート] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。