フォームのルールを設定する方法

フォーム記入時のルールを作成し、そのルールに従って回答が記入されるように設定できます。たとえばメールアドレスの入力を求める場合、適切な形式のメールアドレスが入力されたフォームのみを送信できるように指定できます。

質問のルールを設定する

  1. Google フォームでフォームを開きます。
  2. 追加アイコン をクリックします。
  3. 質問のタイトルの右側で、質問の種類を選択します。詳しくは、質問の種類についてをご覧ください。
  4. ルールを設定するには、その他アイコン その他 をクリックします。
  5. [回答の検証] をクリックします。
  6. ルールを設定するには、まず使用するルールの種類を選択します。利用できるルール オプションは、質問の種類によって異なります。
  7. 省略可: エラー メッセージを追加するには、右側の [カスタム エラー テキスト] 欄にエラー メッセージを入力します。回答者の回答がルールに沿っていない場合、このメッセージが表示されます。
  • 例: 200 語の上限に達しました。

ルールの種類

質問の形式ごとに設定オプションは異なります。

記述式問題のルール
  • 数値: 回答に数値が含まれていることを確認するには、プルダウン メニューで [数値] を選択します。ルールのオプションのいずれかを選択します。
  • 例:
    • 50 以上の数値
    • 21~42 の数字
  • テキスト: 回答に特定のテキストが含まれるようにするには、プルダウン メニューで [テキスト] を選択します。ルールのオプションのいずれかを選択します。
    • 例: 回答に「キャンディ」という単語が含まれていることを確認します。
      • 回答がメール形式(text@example.com)であることを確認します。
  • 長さ: 回答の最大文字数または最小文字数を設定するには、プルダウン メニューで [長さ] を選択します。次に、[最大文字数] または [最小文字数] と文字数を選択します。
    • : 回答の長さを 500 文字以下、または 200 文字以上に指定します。
  • 正規表現: 回答が、選択した特定の数式に一致するようにするには、[正規表現] を選択します。次に、プルダウン メニューのオプション([次の要素を含む]、[次を含まない]、[一致する]、[一致しない])のいずれかを選択して、パターンを追加します。詳しくは正規表現に関する説明をご覧ください
    • 例: 回答は 10 桁の電話番号で、各桁の範囲は 0~9 にする必要があります。
      • 入力: 正規表現 [0-9]{10} に一致
      • 期待される結果: 1234567890
段落形式の質問のルール
  • 長さ: 回答の最大文字数または最小文字数を設定するには、プルダウン メニューで [長さ] を選択します。次に、[最大文字数] または [最小文字数] と文字数を選択します。
    • 例: 回答は 200 文字以内にしてください。
  • 正規表現: 回答が、選択した特定の数式に一致するようにするには、[正規表現] を選択します。次に、プルダウン メニューのオプション([次の要素を含む]、[次を含まない]、[一致する]、[一致しない])のいずれかを選択して、パターンを追加します。詳しくは正規表現に関する説明をご覧ください
  • 例: 回答は 10 桁の電話番号で、各桁の範囲は 0~9 にする必要があります。
    • 入力: 正規表現 [0-9]{10} に一致
    • 期待される結果: 1234567890
チェックボックス形式の質問のルール
  • 選択する最低個数: 選択するチェックボッスの最低個数を指定します。
  • 選択する最多個数: 選択するチェックボックスの最多個数を指定します。
  • 選択する個数: 選択する必要があるチェックボックスの個数を指定します。
選択式(グリッド)の質問のルール

選択式(グリッド)の質問では、回答者は 1 行につき 1 列のみ選択できます。

質問を設定するには:

  1. Google フォームで、追加アイコン をクリックします。
  2. [質問] 欄に質問を追加します。
  3. 質問のタイトルの右側で、選択式(グリッド)アイコン を選択します。
  4. 行の回答を追加します(例: A、B、C)。
  5. 列の回答を追加します(例: 1、2、3)。

質問をカスタマイズするには、次のオプションを設定します。

  • 回答者が各列から回答を必ず選択するようにするには、[各行で 1 つの回答を必須にする] をオンにします。そうしないと、エラー メッセージが表示され、続行できません。エラー メッセージを設定する方法をご覧ください。
  • 各列での回答を 1 つのみに制限するには:
    1. 右下のその他アイコン をクリックします。
    2. [1 列につき 1 件の回答に制限] チェックボックスをオンにします。
  • アンケートを開くたびに行の順序をシャッフルするには:
    1. 右下のその他アイコン をクリックします。
    2. [行を並べ替える] チェックボックスをオンにします。

「1 列につき 1 件の回答に制限」の例

入力:

  • 行: A、B、C
  • 列: 1、2、3

結果: 回答者は列(1、2、3)ごとに 1 件の行項目(A、B、C)を選択できます。1 つの列内で複数の行を選択すると、エラー メッセージが表示されます。

チェックボックス(グリッド)形式の質問のルール

選択式(グリッド)の質問では、回答者は 1 行につき 1 列のみ選択できます。

質問を設定するには:

  1. Google フォームで、追加アイコン をクリックします。
  2. [質問] 欄に質問を追加します。
  3. 質問のタイトルの右側にあるチェックボックス(グリッド)アイコン を選択します。
  4. 行の回答を追加します(例: A、B、C)。
  5. 列の回答を追加します(例: 1、2、3)。

質問をカスタマイズするには、次のオプションを設定します。

  • 回答者が各列から回答を必ず選択するようにするには、[各行で 1 つの回答を必須にする] をオンにします。そうしないと、エラー メッセージが表示され、続行できません。エラー メッセージを設定する方法をご覧ください。
  • 各列での回答を 1 つのみに制限するには:
    1. 右下のその他アイコン をクリックします。
    2. [1 列につき 1 件の回答に制限] チェックボックスをオンにします。
  • アンケートを開くたびに行の順序をシャッフルするには:
    1. 右下のその他アイコン をクリックします。
    2. [行を並べ替える] チェックボックスをオンにします。

「1 列につき 1 件の回答に制限」の例

入力:

  • 行: A、B、C
  • 列: 1、2、3

結果: 回答者は列(1、2、3)ごとに 1 件の行項目(A、B、C)を選択できます。1 つの列内で複数の行を選択すると、エラー メッセージが表示されます。

正規表現

特定の正規表現に一致する回答のみを受け付けるように指定できます。正規表現を使って、回答に含まれるテキストのパターンを検索します。

正規表現の例

重要: 正規表現で特定の意味を持つ文字を検索する場合は、検索文字の前にバックスラッシュを入力する必要があります。たとえば、$ 文字を検索する場合は、「\$」と入力します。

次の表に、Google ドキュメントでサポートされている式の一部を示します。使用できる式は他にも多数あります。

正規表現 説明 一致する 一致しない
. ピリオドは、この位置にある任意の文字を表します。 d. do、dog、dg、ads fog、jog
* 文字の後のアスタリスクは、直前の文字を 0 回以上繰り返す文字列の検索を意味します。 do*g dog、dg、dooog dOg、doug
+ 文字の後のプラス記号は、直前の文字を 1 回以上繰り返す文字列の検索を意味します。 do+g dog, dooog dg、dOg、doug
? 直前の文字を含まない文字列も返されます。 do?g dg、dog dOg、doug
^ キャレットは、正規表現の先頭に挿入して使用し、文字列がキャレットの直後の文字またはシーケンスで始まることを表します。 ^[dh]og dog, hog A dog、his hog
$ ドル記号は、正規表現の末尾に配置して使用し、文字列が直前の文字またはシーケンスで終わることを表します。 [dh]og$ dog、hog、hot dog dogs、hog、doggy
{A, B} 直前の語句を A~B 回繰り返します(A、B は数値)。 d(o{1,2})g dog、doog dg, dooog, dOg
[x]、[xa]、[xa5] 文字セットの中の 1 つの文字のみがその位置で使用されることを示します。通常、角括弧の中には、上記の正規表現で使用している文字など、どのような文字でも使用できます(例: [xa,$5Gg.]) d[ou]g dog、dug dg、dOg、dooog
[a-z] 指定の範囲内の文字をその位置で使用した語句を検索します。一般的な範囲として、a~z、A~Z、0~9 などがあり、複数の範囲を組み合わせて 1 つの範囲とすることもできます(例: [a-zA-Z0-9])。また、上記の文字セットと組み合わせることもできます(例: [a-zA-Z,&*])。 d[o-u]g dog、dug、dpg、drg dg, dOg, dag
[^a-fDEF] ^ で始まる文字セットは、指定の文字セットにない文字の検索を意味します。 d[^aeu]g dog、dOg、dig、d$g dg、dag、deg、dug
\s 空白文字を表します。 d\sg d g、d[TAB]g dg、dog、doug

スプレッドシートの検索で正規表現を使用する方法の例を下記にいくつか示します。

  • ドルの金額を含むセルを検索する

    • [検索] バーに「^\$([0-9,]+)?[.][0-9]+」と入力します

この文字列は 0~9 のいずれか、またはカンマを 0 個以上含む数、ピリオド(.)、0~9 のいずれかの数を 1 個以上含む数が順に並ぶドルの金額を表しており、この検索では、$4.666、$17.86、$7.76、$.54、$900,001.00、$523,877,231.56 のような値が返されます。

  • 米国の郵便番号を含むセルを検索する

    • [検索] バーに「[0-9]{5}(-[0-9]{4})?」と入力します

5 桁の数字のみ、または 5 桁の数字、ハイフン、4 桁の数字が順に並ぶの米国の郵便番号が返されます。

  • 小文字で始まる名前を含むセルを検索する

    • [検索] バーに「^[a-z].*」と入力します

これは、小文字とそれに続く 0 個以上の文字を含む文字列を表します。この検索では、bob、jim、gEORGE、marTin のような文字列が返されます。

関連リソース

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー