箇条書きや番号付きリストを追加する

Google ドキュメントやスライドに、箇条書きや番号付きリストを追加したり、それらのリストをカスタマイズしたりできます。

リストを追加する

  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. リストを追加するページまたはスライドをクリックします。
  3. ツールバーでリストの種類を選択します。オプションが表示されない場合は、その他アイコン その他 をクリックします。
    • 番号付きリスト 番号付きリスト
    • 箇条書き 箇条書き
  4. 必要に応じて次の操作を行います。
    • リストの中にさらにリストを作成するには、キーボードの Tab キーを押します。新しいリストがインデントされます。
    • インデントされているリストを第一階層に戻すには、キーボードの Enter キーを 2 回押します。

リストを編集する

リストの記号の種類、インデント、プレフィックス、サフィックスを変更することができます。

リストの種類や色を変更する

リストの種類を変更する

  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 記号または番号をクリックします。
  3. 上部で、[表示形式] 次に [箇条書きと番号付きリスト] の順にクリックします。
  4. 新しい記号の種類を選択します。
    • リストのオプション: 記号をカスタマイズするには、[その他の記号] をクリックします。
    • 番号付きリスト
    • 箇条書き

リストの色を変更する

  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 記号または番号をクリックします。
  3. ツールバーのテキストの色アイコン テキストの色 をクリックします。
  4. 色を選択します。
リストの番号を変更する
  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 最初の番号をダブルクリックします。
  3. 上部で、[表示形式] 次に [箇条書きと番号付きリスト] の順にクリックします。
  4. [リストのオプション] 次に [番号ふり直し] の順にクリックします。
  5. リストの新しい開始番号を入力します。
  6. [OK] をクリックします。
番号の前または後ろにテキストを追加する

リストの番号の前または後ろにテキストを追加することができます。たとえば、各番号の後ろに「b」を追加して、1.b、2.b、3.b とすることができます。

  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 記号または番号をクリックします。
  3. 上部で、[表示形式] 次に [箇条書きと番号付きリスト] の順にクリックします。
  4. [リストのオプション] 次に [プレフィックスとサフィックスを編集] の順にクリックします。
  5. 番号の前または後ろにテキストを入力します。
  6. [OK] をクリックします。

インデントを変更する

箇条書きまたは番号付きリストのインデントを変更する
  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. インデントするリストをハイライト表示します。
  3. ツールバーで次のいずれかを選択します。
    • インデント減 インデント減
    • インデント増 インデント増

段落のインデントを変更する

ドキュメントまたはプレゼンテーションの上部にあるルーラーを使用して、段落のインデントを変更できます。スライドでルーラーを表示する手順についてはこちらをご覧ください。

  1. パソコンの Google ドキュメントでドキュメントを開くか、Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. インデントするテキストをハイライト表示します。
  3. 上部のルーラーでインデントを編集します。
    • 先頭行のインデント: 先頭行をインデントするには、ルーラー上の青い長方形をドラッグします。
    • 左インデント: 左端のインデントを変更するには、ルーラーの左側にある青い三角形をドラッグします。
    • 右インデント: 右端のインデントを変更するには、ルーラーの右側にある青い三角形をドラッグします。
    • ぶら下げインデント: 先頭行以外のすべての行をインデントするには、ルーラーの左側にある青い三角形をドラッグします。次に、青い長方形をドラッグして先頭行の位置を戻します。

ぶら下げインデントを追加する

ぶら下げインデントを使用すると、先頭行以外のすべての行をインデントできます。

Google ドキュメント

  1. パソコンの Google ドキュメントで、ドキュメントを開きます。
  2. インデントするテキストをハイライト表示します。
  3. 上部のメニューで、[表示形式] 次に [配置とインデント] 次に [インデント オプション] の順にクリックします。
  4. [特殊] の [ぶら下げ] を選択します。
  5. 省略可: [ぶら下げ] の横のボックスでインデントのサイズを変更します。
  6. [適用] をクリックします。

Google スライド

  1. パソコンの Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. インデントするテキストをハイライト表示します。
  3. 上部のメニューで、[表示形式] 次に [書式設定オプション] の順にクリックします。
  4. 右側の [テキストの適合] をクリックします。
  5. [特殊] の [ぶら下げ] を選択します。
  6. 省略可: [幅] でインデントのサイズを変更します。

Google スライド上のテキストの上下左右にスペースを追加する

スライドでは、テキストとテキスト ボックスの枠の間のスペースを変更できます。

  1. パソコンの Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. 変更するテキストをクリックします。
  3. 上部のメニューで、[表示形式] 次に [書式設定オプション] の順にクリックします。
  4. 右側の [テキストの適合] をクリックします。
  5. [パディング] で変更を加えます。

Google スライド上のテキストにカスタム インデントを追加する

  1. パソコンの Google スライドでプレゼンテーションを開きます。
  2. インデントするテキストをハイライト表示します。
  3. 上部のメニューで、[表示形式] 次に [書式設定オプション] の順にクリックします。
  4. 右側の [テキストの適合] をクリックします。
  5. [インデント] でインデントのサイズを変更します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。