WEEKNUM

指定した日付がその年の何週間目に当たるかを数値で返します。

使用例

WEEKNUM(日付(1969, 7, 20), 1)

WEEKNUM("12/09/1948", 2)

WEEKNUM("6/14/2002")

構文

WEEKNUM(日付, [種類])

  • 日付 - この日付に基づいて週番号が決まります。日付を含むセルへの参照、日付の種類を返す関数、または数値を指定する必要があります。
  • 種類 - [省略可 - 既定値は 1 ] - 週の最初の曜日を表す数字です。その年の最初の週を決定するシステムもこの数字で表します(1= 日曜日、2= 月曜日)。

注意

  • 日付を入力する場合は、DATE 関数の使用をおすすめします。日付を文字列で入力するとエラーが返される場合があります。
  • この関数で使用される週番号「システム」は次の 2 種類です。
    • システム 1 - 1 月 1 日を含む週をその年の最初の週とみなし、週番号を 1 とします。
    • システム 2 - その年の最初の木曜日を含む週をその年の最初の週とみなし、週番号を 1 とします。システム 2 は ISO 8601 に規定されている方式であり、ヨーロッパ式週番号システムとしても知られています。
  • 週番号を数えるときの週の最初の曜日と最後の曜日は、それぞれの種類で次のように定義されます。
    種類 週の最初の曜日 週の最後の曜日 システム
    1 または省略時 日曜日 土曜日 1
    2 月曜日 日曜日 1
    11 月曜日 日曜日 1
    12 火曜日 月曜日 1
    13 水曜日 火曜日 1
    14 木曜日 水曜日 1
    15 金曜日 木曜日 1
    16 土曜日 金曜日 1
    17 日曜日 土曜日 1
    21 月曜日 日曜日 2

関連項目

WEEKDAY: 指定した日付に対応する曜日を数値で返します。

DAYS360: 1 年を 360 日として(利率の計算で使用されます)、2 つの日付の間の日数を返します。

DATE: 年、月、日を日付に変換します。

DATEVALUE: 既知の形式で指定された日付の文字列をシリアル値に変換します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。