ARRAY_CONSTRAIN

配列の結果を指定したサイズに抑えます。

使用例

ARRAY_CONSTRAIN(A1:C10, 2, 3)

ARRAY_CONSTRAIN(SORT(A1:F100, 1, TRUE), 10, 6)

構文

ARRAY_CONSTRAIN(入力範囲, 行数, 列数)

  • 入力範囲 - 制約対象の範囲です。
  • 行数 - 結果に含める行の数です。
  • 列数 - 結果に含める列の数です。

メモ

  • この関数は通常、含める行数や列数を少なくしたい場合に配列結果を返す他の関数と組み合わせて使用します。

関連項目

ARRAYFORMULA: 配列数式から返された値を複数行または複数列に表示したり、非配列関数で配列を使用したりすることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false