AVERAGEIFS

複数の基準に応じた範囲の平均を返します。
BigQuery の AVERAGEIFS

使用例

複数の条件に応じて、データ列の平均を返します。

使用例

AVERAGEIFS(テーブル名!価格, テーブル名!フルーツ, “りんご”, テーブル名!在庫, “<30”)

構文

AVERAGEIFS(平均列, 条件列1, 条件1, 条件列2, 条件2)

  • 平均列 - 平均化するデータ列です。
  • 条件列1 - 「条件1」に対して検証するデータ列です。
  • 条件1 - 「条件列1」に適用するパターンまたはテストです。
  • 条件列2 - 検証対象となる追加のデータ列です。
  • 条件2 - 検証対象となる追加の条件です。

使用例

AVERAGEIFS(A1:A10, B1:B10, ">20")

AVERAGEIFS(A1:A10, B1:B10, ">20", C1:C10, "<30")

AVERAGEIFS(C1:C100, E1:E100, "はい")

構文

AVERAGEIFS(平均範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2, ...])

  • 平均範囲 - 平均化する範囲です。

  • 条件範囲1 - 条件1 に対して検証する範囲です。

  • 条件1 - 条件範囲1 に適用するパターンまたはテストです。

  • 条件範囲2, 条件2, ... - [省略可] - 検証対象となる追加の範囲と条件です。

関連情報

AVERAGE: データセット内の値の平均値を返します。テキストは無視されます。

AVERAGEA: データセット内の値の平均値を返します。

AVERAGEIF: 基準に応じた範囲の平均を返します。

SUMIFS: 複数の基準に応じた範囲の合計を返します。

COUNTIFS: 複数の基準に応じた範囲の個数を返します。

IF: 論理式が TRUE の場合はある値を返し、FALSE の場合は別の値を返します。

MEDIAN: 数値のデータセットにおける中央値を返します。

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
10824601975660101499
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
35