REGEXEXTRACT

正規表現と最初に一致する部分文字列を抽出します。

使用例

=REGEXEXTRACT("私の一番好きな番号は 241 ですが、友だちの好きな番号は 17 です", "\d+")

ヒント: この例では、REGEXEXTRACT は「241」を返します(正規表現に一致する最初の部分文字列)。

構文

REGEXEXTRACT(テキスト, 正規表現)

  • テキスト - 代入するテキストです。

  • 正規表現 - この正規表現に一致する最初のテキスト部分が返されます。

キャプチャ グループ

キャプチャ グループを使って、複数の結果が返されるようにすることが可能です。キャプチャ グループはパターンの一部で、括弧で囲むことができます。キャプチャ グループがない場合、この関数では完全に一致する結果が返されます。

使用例

=REGEXEXTRACT("テキストから複数の値を抽出することも可能。”, “テキストから複数の (\w+) を (\w+) することも可能。”)

ヒント: 上の例では 2 列のデータが返されます(最初に「値」、2 番目に「抽出」)。

メモ

  • Google サービスでは RE2 正規表現を使用しています。Google スプレッドシートでは、Unicode 文字クラスのマッチング以外の RE2 を使用できます。詳しくは、RE2 正規表現の使い方についての説明をご覧ください。
  • この関数はテキストでのみ動作します。入力値としてテキストを指定すると(数値は不可)、出力値としてテキストが返されます。数値が返されるようにするには、この関数と合わせて VALUE 関数をお使いください。入力値として数値を指定する場合、TEXT 関数を使用して数値をテキストに変換します。

関連情報

REGEXMATCH: 正規表現に一致するテキストの一部を検索します。

REGEXREPLACE: 正規表現を使用して、テキスト文字列の一部を別のテキスト文字列に置き換えます。

SUBSTITUTE: 文字列内の既存のテキストを新しいテキストに置き換えます。

REPLACE: テキスト文字列の一部を別のテキスト文字列に置き換えます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false