MMULT

配列または範囲として指定した 2 つの行列の行列積を計算します。

使用例

MMULT(A1:B3,C1:F2)

MMULT({1,2,3;4,5,6},{7;8;9})

構文

MMULT(行列1, 行列2)

  • 行列1 - 行列の乗算で使用する 1 つ目の行列を、配列または範囲で指定します。

  • 行列2 - 行列の乗算で使用する 2 つ目の行列を、配列または範囲で指定します。

メモ

  • 行列の乗算の標準的な規則として、行列1 の列数は 行列2 の行数と同じにする必要があります。

関連項目

TRANSPOSE: 配列またはセルの範囲の行と列を入れ替えます。

SUMPRODUCT: 2 つの同サイズの配列または範囲にある対応する要素の積を計算し、その合計を返します。

MINVERSE: 配列または範囲として指定した正方行列の逆数を返します。

MDETERM: 配列または範囲として指定した正方行列の行列式を返します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。