FREQUENCY

1 列の配列の頻度分布を、特定のクラスにグループ化して返します。

使用例

FREQUENCY(A2:A40,B2:B5)

構文

FREQUENCY(データ, クラス)

  • データ - カウントする値を含む配列または範囲です。

  • クラス - クラスのセットを含む配列または範囲です。

    • クラスは明確性のために並べ替えるべきですが、FREQUENCY 関数は、指定された値が並べ替えられていない場合は値を並べ替え、正確な結果を返します。

メモ

  • FREQUENCY 関数では、クラスより 1 つ多い縦方向の範囲が返されます。最後の値は、クラスのどの境界よりも大きいデータ内の要素数になります。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false