LOGEST

指数成長曲線についての一部のデータを使用して、最もよく当てはまる理想的な指数成長曲線を表す複数のパラメータを計算します。

使用例

LOGEST(B2:B10,A2:A10)

LOGEST(B2:B10, A2:A10, TRUE, TRUE)

構文

LOGEST(既知データ_y, [既知データ_x], [b], [詳細])

  • 既知データ_y - すでにわかっている依存値(y)を含む配列または範囲です。理想的かつ指数関数的な成長曲線の当てはめに使用されます。

    • 既知データ_y に 2 次元の配列か範囲を指定する場合、既知データ_x も同じ次元にするか省略する必要があります。

    • 既知データ_y に 1 次元の配列か範囲を指定する場合、既知データ_x には 2 次元の配列か範囲に含まれる複数の独立変数を指定できます。すなわち、既知データ_y が 1 行に入力されている場合は、既知データ_x の各行はそれぞれ独立した値であると解釈され、既知データ_y が 1 列に入力されている場合も同様に解釈されます。

  • 既知データ_x - [省略可 - 既定値は既知データ_y と同じ長さの {1,2,3,...}] - 既知データ_y に対応する独立変数の値です。

    • 既知データ_y に 1 次元の配列か範囲を指定する場合、既知データ_x には 2 次元の配列か範囲に含まれる複数の独立変数を指定できます。すなわち、既知データ_y が 1 行に入力されている場合は、既知データ_x の各行はそれぞれ独立した値であると解釈され、既知データ_y が 1 列に入力されている場合も同様に解釈されます。
  • b - [省略可 - 既定値は TRUE] - 曲線当てはめで一般的な指数形式の y = b*m^x を使用して、TRUE を指定すると b を計算し、FALSE を指定すると b1 として m の値のみを計算します。

  • 詳細 - [省略可 - 既定値は FALSE] - 追加の回帰統計を返すか、計算済みの係数と指数のみを返すかを指定します。

    • 詳細TRUE を指定すると、各独立変数と係数 b に対する一連の指数に加えて、LOGEST 関数の結果には次のような情報も含まれます。

      • 各指数と係数の標準誤差

      • 決定係数(0~1、1 は完全相関を示します)

      • 従属変数値の標準誤差

      • F 統計量、または F 観測値(従属変数と独立変数の間に観測された関係が指数関数的ではなく偶然であるかどうかを示します)

      • 自由度(参照表から F 統計量を探して信頼度を評価するのに役立ちます)

      • 回帰平方和

      • 残差平方和

メモ

  • LOGEST 関数で計算された統計値は LINEST 関数の統計値と似ていますが、各独立変数 x1 ... xn に対して線形モデル ln y = x1 ln m1 + ... + xn ln mn + ln b を使用します。したがって、標準誤差などのその他の統計値を、値自体ではなく mb の値である自然対数とを比較する必要があります。

関連項目

TREND: 線形トレントを表すデータの一部から、最小二乗法を使用して理想的な線形トレンドを当てはめるか、将来値を予測します。

LINEST: 線形トレンドの一部のデータから、最小二乗法を使用して理想的な線形トレンドを表す複数のパラメータを計算します。

GROWTH: 指数関数的な成長トレンドについての一部のデータを使用して、理想的な指数関数的な成長トレンドを当てはめるか、将来値を予測します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false