REPT

指定した回数だけテキストを繰り返して表示します。

使用例

REPT("ハ",4)

REPT(A2,3)

構文

REPT(繰り返すテキスト, 繰り返し回数)

  • 繰り返すテキスト - 繰り返す文字または文字列です。

  • 繰り返し回数 - 返される値の中に繰り返すテキストが現れる回数です。

    • 繰り返し回数は最大で 100 まで指定できます。繰り返し回数が 100 より大きい場合、REPT 関数はテキストを 100 回のみ繰り返します。

メモ

  • REPT 関数では、繰り返すテキストの間にスペースは挿入されません。スペースを挿入する場合は、繰り返すテキストの値の末尾にスペースを付け加える必要があります。この場合、REPT 関数の結果の末尾には少なくとも 1 つのスペースが付け加えられ、これは TRIM 関数を使用して削除できます。

関連項目

TRIM: テキスト内の先頭、末尾、繰り返しのスペースを削除します。

SUBSTITUTE: 文字列内の既存のテキストを新しいテキストに置き換えます。

SPLIT: 指定した文字または文字列の前後でテキストを分割し、各部分を同じ行の別のセルに表示します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。