MID

文字列のセグメントを返します。

使用例

MID("これを取得します",4,2)

MID(A2,3,5)

構文

MID(文字列, 開始位置, セグメントの長さ)

  • 文字列 - セグメントの取り出し元の文字列です。

  • 開始位置 - 取り出しの開始位置を文字列の先頭から何文字目かを指定します。文字列の最初の文字の場合は 1 とします。

  • セグメントの長さ - 取り出すセグメントの長さです。

    • セグメントの長さの文字をすべて含める前に文字列の末尾に達した場合は、MID 関数は開始位置から文字列の末尾までの文字を返します。

メモ

  • 開始位置から文字列の末尾までの文字を返すには、セグメントの長さに大きい数字を指定する代わりに、LEN 関数を使用して文字列の長さを計算します。

  • 特定の文字またはサブ文字列で始まる文字列のコンテンツを返すには、SEARCH 関数を使用して目的の位置の番号を検索します。

関連項目

SUBSTITUTE: 文字列内の既存のテキストを新しいテキストに置き換えます。

SPLIT: 指定した文字または文字列の前後でテキストを分割し、各部分を同じ行の別のセルに表示します。

SEARCH: 大文字小文字を区別せずに、特定の文字列がテキスト内で最初に現れる位置を返します。

RIGHT: 指定した文字列の末尾から部分文字列を返します。

LEFT: 指定した文字列の先頭から部分文字列を返します。

LEN: 文字列の長さを返します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。