STANDARDIZE

特定の分布の平均と標準偏差を使用して、確率変数の正規化された値を計算します。

使用例

STANDARDIZE(96,80,6.7)

STANDARDIZE(A2,A3,A4)

構文

STANDARDIZE(値, 平均, 標準偏差)

  • - 正規化する確率変数の値です。

  • 平均 - 分布の平均です。

  • 標準偏差 - 分布の標準偏差です。

メモ

  • 特定のデータセットについて、平均の計算には AVERAGE 関数またはその関連関数を使用し、標準偏差の計算には STDEV 関数またはその関連関数を使用します。

関連項目

STDEV: 標本に基づいて標準偏差を計算します。

AVERAGE: データセット内の値の平均値を返します。テキストは無視されます。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。