ZTEST

標準偏差を使用して z 検定の両側 p 値を返します。

使用例

ZTEST(A2:A100,B2)

ZTEST({1,2,3,4,5,6},5.5,1.2)

構文

ZTEST(データ, 値, [標準偏差])

  • データ - 検証するデータセットを含む配列または範囲を指定します。

  • - z 検定で使用する検定統計値を指定します。

  • 標準偏差 - [省略可] - z 検定で仮定する標準偏差を指定します。指定しない場合は STDEV(データ) が使用されます。

  • ZTEST で返される p 値は、無作為に生成された標本(データと同じサイズ)の平均が元のデータセットの平均値よりも大きくなる確率を示します。
  • ZTEST 関数と Z.TEST 関数のどちらを使用しても同じ結果が得られます。

関連項目

NORMSDIST: 指定した値、平均値、標準偏差に対する標準正規累積分布関数の値を返します。

NORMDIST: 指定した値、平均値、標準偏差に対する正規分布関数(または正規累積分布関数)の値を返します。

CONFIDENCE: 正規分布に対する信頼区間の幅の 1/2 を計算します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。