PROB

一連の値と対応する確率を使用して、無作為に選択された値が上限と下限の間に収まる確率を求めます。

使用例

PROB({1,2,3,4},{0.25,0.25,0.25,0.25},3)

PROB(A2:A100,B2:B100,C2,C3)

構文

PROB(データ, 確率, 下限, [上限])

  • データ - 検証するデータセットを含む配列または範囲です。

  • 確率 - データに対応する確率を含む配列または範囲です。

    • 確率内の各値は 0 より大きく 1 以下である必要があります。
  • 下限 - 確率の計算対象となる値の範囲の下限です。

  • 上限 - [省略可 - デフォルトは下限] - 確率の計算対象となる値の範囲の上限です。

    • 上限を省略すると、PROB 関数は無作為に選択された値が下限と等しくなる確率を計算します。

メモ

  • データ確率には同じ個数の値を指定する必要があります。

関連項目

CRITBINOM: 累積二項分布が指定した基準以上になる最小値を計算します。

BINOMDIST: 指定した試行数、母集団のサイズ、母集団の成功数から、復元抽出で一定の試行が成功する確率(または最大の成功数が得られる確率)を計算します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。