PERMUT

特定のサイズの標本の集まりからいくつかの標本を選択するときの、順序を考慮した組み合わせの数を返します。

使用例

PERMUT(4,2)

PERMUT(A2,B2)

構文

PERMUT(n, k)

  • n - 選択元の標本の数です。

  • k - 選択する標本の数です。

メモ

  • PERMUT 関数は、標準的な組み合わせ論関数で、通常 nPk と記述されます。この関数は COMBIN 関数と似ていますが順列の点では異なり、ただ単に選択したサブセットを返すのではなく選択した標本の順序も評価します。

関連項目

MULTINOMIAL: [値] の階乗の積で割った値の和の階乗を返します。

FACTDOUBLE: 数値の「二重階乗」を返します。

FACT: 数値の階乗を返します。

COMBIN: 指定した数の標本の集まりからいくつかの標本を選択するときの組み合わせの数を返します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。