NEGBINOMDIST

独立試行で成功率が一定のとき、特定の回数の試行が成功する前に、指定した回数を失敗する確率を計算します。

使用例

NEGBINOMDIST(4,2,0.1)

NEGBINOMDIST(A2,A3,A4)

構文

NEGBINOMDIST(失敗数, 成功数, 成功率)

  • 失敗数 - 試行が失敗する回数です。

  • 成功数 - 試行が成功する回数です。

  • 成功率 - 任意の試行における成功の確率です。

メモ

  • NEGBINOMDIST 関数は、負の二項分布を表します。負の二項分布は二項分布と関連しますが、一定の成功数で試行回数が可変である点で異なります。

関連項目

WEIBULL: 指定した形状や尺度について、ワイブル分布関数(またはワイブル累積分布関数)の値を返します。

POISSON: 指定した値と平均値に対するポアソン分布関数(またはポアソン累積分布関数)の値を返します。

NORMSINV: 指定した値に対する標準正規分布の逆関数の値を返します。

NORMSDIST: 指定した値、平均値、標準偏差に対する標準正規累積分布関数の値を返します。

NORMINV: 指定した値、平均値、標準偏差に対する正規分布の逆関数の値を返します。

NORMDIST: 指定した値、平均値、標準偏差に対する正規分布関数(または正規累積分布関数)の値を返します。

LOGNORMDIST: 特定の平均値と標準偏差を使用して、指定した値における対数正規累積分布の値を返します。

LOGINV: 特定の平均値と標準偏差を使用して、指定した値における対数正規累積分布の逆関数の値を返します。

HYPGEOMDIST: 指定した試行数、母集団のサイズ、母集団の成功数から、非復元抽出で一定の試行が成功する確率を計算します。

EXPONDIST: 指定したラムダと値の指数分布関数の値を返します。

BINOMDIST: 指定した試行数、母集団のサイズ、母集団の成功数から、復元抽出で一定の試行が成功する確率(または最大の成功数が得られる確率)を計算します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。