SUM

一連の数値またはセルの合計を返します。

BigQuery の SUM

データ列の合計を返します。

使用例

=SUM(テーブル名!在庫)

構文

SUM(列)

  • - 合計の計算対象となるデータ列です。
ヒント: 複数列にわたる合計を返すことはできません。

使用例

SUM(A2:A100)

SUM(1,2,3,4,5)

SUM(1,2,A2:A50)

構文

SUM(値1, [値2, ...])

  • 値1 - 合計する最初の数値または範囲です。

  • 値2, ... - [省略可] - 値1 に足す数値または範囲です。

  • 指定された数値が値1 のみの場合、SUM 関数は値1 を返します。

  • SUM 関数に指定できる引数の数は 30 個までとされていますが、Google スプレッドシートでは任意の数の引数を指定できます。

関連情報

SUMSQ: 一連の数値またはセルの平方和を返します。

SUMIF: 範囲内の条件に一致するセルの合計を返します。

SERIESSUM: パラメータを xnma として、a1xn + a2x(n+m) + ... + aix(n+(i-1)m) の形で表されるべき級数の和を返します。この場合の i は範囲 a のエントリ数です。

QUOTIENT: 除算の商の余りを切り捨てて整数のみを返します。

PRODUCT: 一連の数値を乗算して積を返します。

MULTIPLY: 2 つの数値の積を返します。* 演算子と同じです。

MINUS: 2 つの数値の差を返します。- 演算子と同じです。

DIVIDE: 除算の結果を返します。/ 演算子と同じです。

ADD: 2 つの数値の合計を返します。+ 演算子と同じです。

コピーを作成

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
994777888610764949
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true