SUBTOTAL

指定した集計関数を使用して、セルの垂直範囲の小計を返します。

使用例

SUBTOTAL(1,A2:A5,B2:B8)

構文

SUBTOTAL(関数コード, 範囲1, [範囲2, ...])

  • 関数コード - 小計の集計で使用する関数です。

    • 1 - AVERAGE

    • 2 - COUNT

    • 3 - COUNTA

    • 4 - MAX

    • 5 - MIN

    • 6 - PRODUCT

    • 7 - STDEV

    • 8 - STDEVP

    • 9 - SUM

    • 10 - VAR

    • 11 - VARP

    • 1 桁のコードの先頭に 10 を追加するか、2 桁のコードの先頭に 1 を追加すると、これらのコードのいずれにおいても非表示の値を無視することができます。たとえば、COUNT 関数として 102 を指定すると非表示セルが無視され、VAR 関数として 110 を指定すると非表示セルが無視されます。

  • 範囲1 - 小計を求める最初の範囲です。

  • 範囲2, ... - 小計を求める追加の範囲です。

メモ

  • SUBTOTAL 関数では、自動フィルタ条件により非表示となっているセルは関数コードにかかわらず、一切集計されません。

  • 指定した範囲内のセルで SUBTOTAL 関数を含むセルはすべて、二重集計を防ぐために無視されます。

  • SUBTOTAL 関数は、関数コードの引数で別のセルを参照することにより、動的なダッシュボードを作成するのに使用できます。リストベースのデータ検証と組み合わせると、このセルはダッシュボード全体を瞬時に更新するプルダウン リストにできます。

  • SUBTOTAL 関数は、フィルタ領域の上に小計ダッシュボードを作成することにより、さまざまなデータのサブセットをすばやく解析するのに使用できます。フィルタ条件を変更するたびに、ダッシュボードは自動的に新しい集計で更新されます。

  • SUBTOTAL 関数を使用すると、単純な SUM 数式による二重集計を防ぐことができます。

関連項目

VARP: 母集団全体に基づいて分散を計算します。

VAR: 標本に基づいて分散を計算します。

SUM: 一連の数値またはセルの合計を返します。

STDEVP: 母集団全体に基づいて標準偏差を計算します。

STDEV: 標本に基づいて標準偏差を計算します。

PRODUCT: 一連の数値を乗算して積を返します。

MIN: 数値のデータセットにおける最小値を返します。

MAX: 数値のデータセットにおける最大値を返します。

COUNTA: データセット内の値の個数を返します。

COUNT:

データセット内の数値の個数を返します。

AVERAGE: データセット内の値の平均値を返します。テキストは無視されます。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。