FISHER

指定した値のフィッシャー変換を返します。

使用例

FISHER(0.962)

FISHER(A2)

構文

FISHER(値)

  • - フィッシャー変換を求める値です。

関連項目

PEARSON: データセットに対するピアソンの積率相関係数 r を計算します。

FISHERINV: 指定した値に対するフィッシャー変換の逆関数を返します。

CORREL: データセットに対するピアソンの積率相関係数 r を計算します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。