DEVSQ

標本に基づいて偏差の平方和を計算します。

使用例

DEVSQ(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10)

DEVSQ(A2:A100)

構文

DEVSQ(値1, [値2, ...])

  • 値1 - サンプルの最初の値または範囲です。

  • 値2, ... - サンプルに含める追加の値または範囲です。

メモ

  • DEVSQ 関数には通常 30 までの引数を指定できますが、Google スプレッドシートのこの関数では任意の数の引数を指定できます。

  • の引数として指定した値の総数が 2 つ以上ない場合、DEVSQ 関数は値 0 を返します。

  • DEVSQ 関数では、の引数に指定したテキスト値はすべて無視されます。

  • DEVSQ 関数は、標本の分散に標本内の要素数から 1 を引いた数を乗じた値に相当します。つまり、(COUNT(...)-1)*VAR(...) となります(COUNTVAR には同じデータセットを使用)。

関連項目

VARPA: テキストの値を 0 として、母集団全体に基づいて分散を計算します。

VARP: 母集団全体に基づいて分散を計算します。

VARA: テキストの値を 0 として、標本に基づいて分散を計算します。

VAR: 標本に基づいて分散を計算します。

STDEVPA: テキストの値を 0 として、母集団全体に基づいて標準偏差を計算します。

STDEVP: 母集団全体に基づいて標準偏差を計算します。

STDEVA: テキストの値を 0 として、標本に基づいて標準偏差を計算します。

STDEV: 標本に基づいて標準偏差を計算します。

SKEW: データセットの歪度を計算します。歪度は、平均値周辺におけるデータセットの対称度を表します。

KURT: データセットの尖度を計算します。尖度は、データセットの形、特に先鋭度を表します。

DVARP: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団全体の分散を返します。

DVAR: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団の標本の分散を返します。

DSTDEVP: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団全体の標準偏差を返します。

DSTDEV: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団の標本の標準偏差を返します。

AVEDEV: データセットの平均値からデータの偏差の大きさの平均を求めます。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。