TRUNC

ある数値の特定の有効桁数より後を切り捨てて、その有効桁数に変換します。

使用例

TRUNC(3.141592654,2)

TRUNC(A2,0)

TRUNC(1.23)

構文

TRUNC(値, [桁数])

  • - 切り捨てを実行する値です。

  • 桁数 - [省略可 - デフォルトは 0] - 保持する小数点以下の有効桁数を数値で指定します。

    • 桁数の有効桁数よりも大きい場合、値がそのまま返されます。

    • 桁数には負の値を指定できますが、その場合、小数点の左側の指定した桁数の数字がゼロに変わります。小数点の右側にあるすべての数字は切り捨てられます。のすべての数字がゼロに変わった場合、TRUNC 関数は 0 を返します。

メモ

  • TRUNC 関数は四捨五入ではなく、不要な桁の切り捨てを行います。

関連項目

ROUNDUP: ある数値を指定した小数点以下の桁数に切り上げます。常に次の有効な増分値に切り上げます。

ROUNDDOWN: ある数値を指定した小数点以下の桁数に切り捨てます。常に次の有効な増分値に切り捨てます。

ROUND: 標準規則に従って、ある数値を指定した小数点以下の桁数に四捨五入します。

MROUND: ある数値を最も近い整数の倍数に丸めます。

INT: ある数値をその数値以下の最も近い整数に切り捨てます。

FLOOR: 指定した基準値の倍数のうち、最も近い整数の倍数に数値を切り捨てます。

CEILING: 指定した基準値の倍数のうち、最も近い整数の倍数に数値を切り上げます。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
35
false