SUMIF

範囲内の条件に一致するセルの合計を返します。

コピーを作成

BigQuery 向け SUMIF 関数

データ列の条件付き合計を返します。

使用例

=SUMIF(テーブル名!価格, ">5", テーブル名!在庫)

構文

SUMIF(条件列, 条件, 合計列)

  • 条件列 - 条件の検証対象となるデータ列です。
  • 条件 - 条件列に適用するパターンまたはテストです。
  • 合計列 - 合計するデータ列です(「条件列」と異なる場合)。
ヒント: 複数列にわたる合計を返すことはできません。

使用例

SUMIF(A1:A10,">20")

SUMIF(A1:A10,"支払い済み",B1:B10)

構文

SUMIF(範囲, 条件, [合計範囲])

  • 範囲 - 条件の検証対象となる範囲です。

  • 条件 - 範囲に適用するパターンまたはテストです。

    • 範囲に検証対象のテキストが含まれる場合、条件には文字列を指定する必要があります。条件には ?* などのワイルドカードを使用できます。? は 1 文字、* はゼロ以上の連続文字の検索に使用します。通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索するには、文字の前にチルダ(~)を追加します(例: ~?~*)。文字列の条件は、二重引用符で囲む必要があります。こうすると、範囲内の各セルについて条件が等しいかどうか(ワイルドカードが使用されている場合は一致するか)が検証されます。

    • 範囲に検証対象の数値が含まれる場合、条件には文字列と数値のどちらも指定できます。数値を指定すると、範囲内の各セルについて条件と等しいかどうかが検証されます。文字列を指定する場合は、条件には数値を含む文字列(等しいかどうかも検証)、または =(条件の値と等しいかを検証)、>(条件の値より大きいかを検証)、<(条件の値より小さいかを検証)のいずれかの演算子を先頭につけた数値を指定できます。

  • 合計範囲 - 合計する範囲です(範囲と異なる場合)。

メモ

  • SUMIF 関数は、1 つの条件に基づく場合のみ使用できます。複数の条件を指定するには、データベース関数の DSUM を使用してください。

関連情報

SUMSQ: 一連の数値またはセルの平方和を返します。

SUM: 一連の数値またはセルの合計を返します。

SERIESSUM: パラメータを xnma として、a1xn + a2x(n+m) + ... + aix(n+(i-1)m) の形で表されるべき級数の和を返します。この場合の i は範囲 a のエントリ数です。

QUOTIENT: 除算の商の余りを切り捨てて整数のみを返します。

PRODUCT: 一連の数値を乗算して積を返します。

MULTIPLY: 2 つの数値の積を返します。* 演算子と同じです。

MINUS: 2 つの数値の差を返します。- 演算子と同じです。

DSUM: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値の合計を返します。

DIVIDE: 除算の結果を返します。/ 演算子と同じです。

COUNTIF: 範囲内で条件に一致する要素の個数を返します。

ADD: 2 つの数値の合計を返します。+ 演算子と同じです。

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8233278653020861931
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true