ISODD

指定した値が奇数であるかどうかを検証します。

使用例

ISODD(4)

ISODD(A2)

構文

ISODD(値)

  • - 奇数であるかを検証する値です。

    • ISODD 関数は、が奇数の整数か、奇数の整数を含むセルへの参照であるときに TRUE を返し、それ以外のときに FALSE を返します。

メモ

  • この関数は通常、IF 関数と組み合わせて条件文で使用されます。

関連項目

ISTEXT: 値がテキストであるかどうかを検証します。

ISREF: 値が有効なセル参照であるかどうかを検証します。

ISNUMBER: 値が数値であるかどうかを検証します。

ISNONTEXT: 値がテキストでないかどうかを検証します。

ISNA: 値が「#N/A」のエラー値であるかどうかを検証します。

ISLOGICAL: 値が TRUE であるか FALSE であるかを検証します。

ISEVEN: 指定した値が偶数であるかどうかを検証します。

ISERROR: 値がエラーであるかどうかを検証します。

ISERR: 値が「#N/A」以外のエラーであるかどうかを検証します。

ISBLANK: 参照セルが空白であるかどうかを検証します。

IF: 論理式が TRUE の場合はある値を返し、FALSE の場合は別の値を返します。

サンプル

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー