COUNTIF

範囲内で条件に一致する要素の個数を返します。

コピーを作成

使用例

COUNTIF(A1:A10,">20")

COUNTIF(A1:A10,"支払済み")

構文

COUNTIF(範囲, 条件)

  • 範囲 - 条件の検証対象となる範囲です。

  • 条件 - 範囲に適用するパターンまたはテストです。

    • 範囲に検証対象のテキストが含まれる場合、条件には文字列を指定する必要があります。条件には ?* などのワイルドカードを使用できます。? は 1 文字、* はゼロ以上の連続文字の検索に使用します。通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索するには、文字の前にチルダ(~)を追加します(例: ~?~*)。文字列の条件は、二重引用符で囲む必要があります。こうすると、範囲内の各セルについて条件が等しいかどうか(ワイルドカードが使用されている場合は一致するか)が検証されます。

    • 範囲に検証対象の数値が含まれる場合、条件には文字列と数値のどちらも指定できます。数値を指定すると、範囲内の各セルについて条件と等しいかどうかが検証されます。文字列を指定する場合は、条件には数値を含む文字列(等しいかどうかも検証)、または =(条件の値と等しいかを検証)、>(条件の値より大きいかを検証)、>=(条件の値以上かを検証)、<(条件の値より小さいかを検証)、<=(条件の値以下かを検証)のいずれかの演算子を先頭に付けた数値を指定できます。

メモ

  • COUNTIF 関数は、1 つの条件に基づいてのみカウントできます。複数の条件を指定するには、COUNTIFS 関数か、データベース関数の DCOUNT または DCOUNTA を使用してください。
  • COUNTIF では大文字と小文字は区別されません。

関連情報

COUNTIFS: 複数の基準に応じた範囲の個数を返します。

SUMIF: 範囲内の条件に一致するセルの合計を返します。

DCOUNTA: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値(テキストを含む)の個数をカウントします。

DCOUNT: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した数値の個数をカウントします。

COUNTUNIQUE: 指定した値や範囲のリストから、一意の値の個数をカウントします。

COUNTA: データセット内の値の個数を返します。

COUNTBLANK: 指定した範囲に含まれる空白セルの個数を返します。

COUNT: データセット内の数値の個数を返します。

 

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。