ROUNDDOWN

ある数値を指定した小数点以下の桁数に切り捨てます。常に次の有効な増分値に切り捨てます。

使用例

ROUNDDOWN(99.44,1)

ROUNDDOWN(A2)

構文

ROUNDDOWN(値, 桁数)

  • - 小数点以下の桁数に切り捨てる値です。

  • 桁数 - [省略可 - デフォルトは 0] - 丸めた後の小数点以下の桁数です。

    • 桁数には負の値も指定できますが、その場合、は小数点の左側の指定した桁数で丸められます。

メモ

  • ROUNDDOWN 関数は ROUND 関数の処理と似ていますが、常に切り捨てる点で異なります。

関連項目

TRUNC: ある数値の特定の有効桁数より後を切り捨てて、その有効桁数に変換します。

ROUNDUP: ある数値を指定した小数点以下の桁数に切り上げます。常に次の有効な増分値に切り上げます。

ROUND: 標準規則に従って、ある数値を指定した小数点以下の桁数に四捨五入します。

MROUND: ある数値を最も近い整数の倍数に丸めます。

INT: ある数値をその数値以下の最も近い整数に切り捨てます。

FLOOR: 指定した基準値の倍数のうち、最も近い整数の倍数に数値を切り捨てます。

CEILING: 指定した基準値の倍数のうち、最も近い整数の倍数に数値を切り上げます。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。