LCM

1 以上の整数の最小公倍数を返します。

使用例

LCM(A2:A5)

LCM(2,3,A4)

構文

LCM(値1, [値2, ...])

  • 値1 - 最小公倍数を求める整数の最初の値または範囲です。

  • 値2, ... - [省略可] - 最小公倍数を求める整数の追加の値または範囲です。

メモ

  • LCM 関数で指定した値の小数部はすべて自動的に切り捨てられます。

関連項目

GCD: 1 つ以上の整数の最大公約数を返します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。