GAMMALN

オイラー数 e を底とする指定したガンマ関数の対数を返します。

使用例

GAMMALN(4)

GAMMALN(A2)

構文

GAMMALN(値)

  • - ガンマ関数に代入する値を指定します。GAMMA() の自然対数が返されます。

    • には正の値を指定してください。

メモ

  • GAMMALN 関数は、特定の種類の解析や他の関数の要素として使われ、単独で使用されることはあまりありません。

関連項目

SQRTPI: 円周率と指定した正の数値の積の、正の平方根を返します。

SQRT: 正の数値の正の平方根を返します。

POWER: 指数でべき乗した数値を返します。

LOG10: 10 を底とする数値の対数を返します。

LOG: 指定した数を底とする数値の対数を返します。

LN: オイラー数 e を底とする数値の対数を返します。

EXP: オイラー数 e(~2.718)を底とする数値のべき乗を返します。

サンプル

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。