OFFSET

開始セル参照から指定した行数と列数だけシフトした位置にあるセル範囲の参照を返します。

使用例

OFFSET(A2,3,4,2,2)

OFFSET(A2,1,1)

構文

OFFSET(セル参照, オフセット行, オフセット列, [高さ], [幅])

  • セル参照 - オフセット行とオフセット列を数え始める位置です。

  • オフセット行 - シフトする行数です。

    • オフセット行 は整数である必要がありますが、負の値も指定できます。小数を指定すると、小数点以下は切り捨てられます。
  • オフセット列 - シフトする列数です。

    • オフセット列 は整数である必要がありますが、負の値も指定できます。小数を指定すると、小数点以下は切り捨てられます。
  • 高さ - [省略可] - オフセットの結果から開始する範囲の高さです。

  • - [省略可] - オフセットの結果から開始する範囲の幅です。

メモ

  • オフセット行またはオフセット列が負の値の場合、オフセット対象がスプレッドシートの上側か左側の外にはずれる可能性があり、この場合、#REF! エラーが返されます。

  • OFFSET 関数を配列数式として使用すると、配列数式の戻り値がオフセットの結果を部分的に上書きして循環参照が発生する可能性があります。この場合、#REF! エラーが返されます。

指定された参照点から特定の行数と列数だけシフトした位置にあるセルの値を返します。

コピーを作成

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。