検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

QUERY

Google Visualization API のクエリ言語を使用して、データ全体に対するクエリを実行します。

使用例

QUERY(A2:E6,"select avg(A) pivot B")

QUERY(A2:E6,F2,FALSE)

構文

QUERY(データ, クエリ, [見出し])

  • データ - クエリを実行するセルの範囲です。

    • データの各列に指定できるのは、ブール値、数値(日付/時刻など)、文字列の値のみです。

    • 1 つの列に異なる種類のデータが含まれている場合は、その列に大多数含まれる種類のデータをクエリに使用します。小数の種類のデータは NULL 値とみなされます。

  • クエリ - Google Visualization API のクエリ言語で記述された、実行対象のクエリです。

    • クエリの値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。

    • クエリ言語について詳しくは、https://developers.google.com/chart/interactive/docs/querylanguage をご覧ください。

  • 見出し - [省略可] - データの上部にある見出し行の数です。省略した場合や -1 と指定した場合は、データの内容に基づいて推測されます。

サンプル

サンプル データです。

SelectWhere 節を使用して指定した条件に一致する行を返します。

SelectGroup by 節を使用して範囲内の行から Salary 値を集計します。

列内の固有の値を新しい列に変換します。

範囲内の行の dept 値を集計し、Salary の最大値で並べ替えます。

入力範囲内の見出し行の数を指定します。これにより、複数の見出し行の範囲値を 1 行の見出しの入力値に変換できます。

このヘルプページを作成したドキュメントとドライブのエキスパートに、ページに関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。