検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

IMPORTRANGE

指定したスプレッドシートからセルの範囲を読み込みます。

使用例

IMPORTRANGE("https://docs.google.com/spreadsheets/d/abcd123abcd123", "シート1!A1:C10")

IMPORTRANGE(A2,B2)

構文

IMPORTRANGE(スプレッドシートキー, 範囲の文字列)

  • スプレッドシートキー - データの読み込み元となるスプレッドシートの URL を指定します。

    • スプレッドシートキーの値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。
  • 範囲の文字列 - 読み込む範囲を指定する文字列で、"[シート名!]範囲" の形式で指定します(例: "シート1!A2:B6", "A2:B6")。

    • 範囲の文字列シート名の要素は省略可能です。デフォルトでは、IMPORTRANGE 関数は最初のシートの指定範囲から読み込みます。

    • 範囲の文字列の値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。

メモ

  • IMPORTRANGE 関数を使用して他のスプレッドシートからデータを読み込む場合は、読み込み先のスプレッドシートに明示的に権限を許可する必要があります。アクセスを許可すると、読み込み先のスプレッドシートの編集権限があるすべてのユーザーが IMPORTRANGE を使用してソースシートのどの部分からでもデータを読み込めるようになります。このアクセス権は、アクセス権を許可したユーザーがソースから削除されるまで有効です。

関連項目

IMPORTXML: XML、HTML、CSV、TSV、RSS フィード、Atom XML フィードなど、さまざまな種類の構造化データからデータをインポートします。

IMPORTHTML: HTML ページ内の表やリストからデータをインポートします。

IMPORTFEED: RSS フィードや Atom フィードをインポートします。

IMPORTDATA: 指定した URL のデータを、.csv(カンマ区切り値)形式または .tsv(タブ区切り値)形式でインポートします。

 

このヘルプページを作成したドキュメントとドライブのエキスパートに、ページに関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false