ADDRESS

セル参照を文字列として返します。

使用例

ADDRESS(1,2)

ADDRESS(1,2,4,FALSE)

ADDRESS(1,2,,,"シート2")

構文

ADDRESS(行, 列, [絶対相対モード], [A1表記の使用], [シート])

  • - セル参照の行番号です。

  • - セル参照の列番号です(名前ではありません)。A は列番号 1 です。

  • 絶対相対モード - [省略可 - デフォルトは 1] - 行/列の絶対参照であるかどうかを指定します。行と列の絶対参照(例: $A$1)である場合は 1、行の絶対参照で列の相対参照(例: A$1)である場合は 2、行の相対参照で列の絶対参照(例: $A1)である場合は 3、行と列の相対参照(例: A1)である場合は 4 を指定します。

  • A1表記の使用 - [省略可 - デフォルトは TRUE] - A1 型表記を使用するか(TRUE)、R1C1 型表示を使用するか(FALSE)を指定します。

  • シート - [省略可 - デフォルトは指定なし] - 番地が指すシートの名前を示す文字列です。

メモ

  • シートなどの省略可能なパラメータを指定するときは、カンマを挿入してどのパラメータを指定しているかを示します。

関連項目

OFFSET: 開始セル参照から指定した行数と列数だけシフトした位置にあるセル範囲の参照を返します。

MATCH: 指定した値と一致する範囲内のアイテムの相対的な位置を返します。

INDEX: 行と列のオフセットで指定したセルのコンテンツを返します。

サンプル

さまざまな種類の参照を使用して、指定された行番号と列番号に従ってセル番地(参照)をテキストとして返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。