IFERROR

エラー値でない場合は 1 番目の引数を返します。エラー値である場合は 2 番目の引数を返します(指定した場合)。2 番目の引数を指定していない場合は空白が返されます。

使用例

IFERROR(A1,"セル A1 にエラーがあります")

IFERROR(A2)

構文

IFERROR(値, [エラー値])

  • - 自体がエラーでない場合に返す値です。

  • エラー値 - [省略可 - デフォルトは空白] - がエラーの場合に返す値です。

メモ

  • IFERROR(例1,例2)IF(NOT(ISERROR(例1)),例1,例2) と論理的に同等です。これが目的の処理であることをご確認ください。

関連項目

ISNA: 値が「#N/A」のエラー値であるかどうかを検証します。

ISERROR: 値がエラーであるかどうかを検証します。

ISERR: 値が「#N/A」以外のエラーであるかどうかを検証します。

IF: 論理式が TRUE の場合はある値を返し、FALSE の場合は別の値を返します。

サンプル

テストがエラーでが空値の場合は空白が返され、テストがエラーでが空値でない場合はが返されます。テストがエラーでない場合は、テストが返されます。

Quantity が空値で Unit Price を計算すると、「0」の値が返されます。

存在しない Student ID を持つ生徒の Grade を検索すると、指定したエラー メッセージが返されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。