WORKDAY

指定された就業日数をもとに終了日を計算します。

使用例

WORKDAY(DATE(1969,7,20), 4, A1:A10)

WORKDAY(A2, 10)

WORKDAY(40909, 4, B2:B17)

WORKDAY(40909, 30, {40909,40924})

構文

WORKDAY(開始日, 日数, [休日])

  • 開始日 - 計算の起点となる日付を指定します。

  • 日数 - 開始日以降の就業日数を指定します。負の値を指定すると、開始日から遡って計算されます。

    • 日数が整数でない場合、小数点以下は切り捨てられます。たとえば、WORKDAY(A2,1.9)WORKDAY(A2,1) になります。
  • 休日 - [省略可] - 休日とみなす日付を含む範囲または配列定数を指定します。

    • 休日の配列内の値には、N 関数で返される日付のシリアル値か、DATEDATEVALUETO_DATE の関数で返される日付の値を指定します。範囲で指定する値は、標準的な日付値または日付のシリアル値にする必要があります。

    メモ

    • WORKDAY 関数では、セルに入力した値に対して、Google スプレッドシートで行われるような数値形式の自動変換は行われません。したがって、WORKDAY(10/10/2000,4)WORKDAY(0.005,4)(10÷10÷2000 の商)として解釈されます。

    • WORKDAY 関数では、指定した就業日数をもとに終了日が計算されます。2 つの日付間の就業日数を計算する場合は NETWORKDAYS を使用してください。

    • WORKDAYWORKDAY.INTL と同様に機能しますが、土曜日と日曜日を週末として扱います。他の曜日を週末にする場合は WORKDAY.INTL を使用してください。

    関連項目

    WORKDAY.INTL: 特定の週末と祝日を除外して、指定した就業日数の後の日付を計算します。

    TO_DATE: 指定した数値を日付に変換します。

    NETWORKDAYS: 指定した 2 つの日付の間に含まれる就業日数を返します。

    N: 引数を数値として返します。

    DATEVALUE: 指定した日付の既知の形式の文字列をシリアル値に変換します。

    DATE: 指定した年、月、日を日付に変換します。

    サンプル

    指定された就業日数をもとに終了日を返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。